2015年12月31日

「2015大晦日」

今年も今日一日となりました。

私にとってのこの一年を改めて振り返ってみると、細やかなことではありますが一つ成長することが出来た年になったのではと思っています。

実際、昨年から引き続きいろいろと近い将来に追われる日々を過ごしているような気がしていましたが、様々に周りの環境が気づかない程度に変化していることへの自分なりの対応に、特にそのことを感じています。

それから、今年も多くの皆さんからのサポートはもちろん、その方々と共に行動することの大切さや、気付きと学びの機会をいただいた方々に、心より感謝するばかりの一年でした。皆さん、本当にありがとうございました。

来年が皆さんにとって良い年となりますよう心よりお祈り申し上げます。
posted by kin at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2015年12月30日

「バタバタの一日でした」

今年もあと残すところ、明日1日となりました。

今日は、部屋の掃除など年明けまでにやる予定にしながらも、未だクリアできていないことをこなす日にするつもりだったのですが、昨日の夜に急にお風呂の調子が悪くなるわ、今朝になってこまごまとした雑用が入るわで、あっという間にあたりが暗くなってしまい、結局殆どクリアすることが出来ませんでした。

また、夕方には相談のお電話もいただき、年末押し迫っているとはいえ、ご家族の方の思いを察すれば、時の流れに左右されることも多いですが、TPOを問わず迫りくるものへの対応の大変さを実感させられました。今回のご相談に対しては、今年出来ることへのアドバイスと、年度明けの状況によってご連絡をいただくようお願いしておきました。

いよいよ、明日は大晦日。今日クリアできなかった予定をできるだけこなせるようにと思っています。
posted by kin at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2015年12月28日

「思いがけない忘年会」2015

今年も今日、昨年は12月26日でしたが、ボランティア活動において一緒に学びあった皆さんとお会いする機会に恵まれました。

今年は、ボランティア活動としては今月に入ってお誘いいただいたこともあって、本当に久しぶりに2日ほどお手伝いをさせていただくことが出来ましたが、今日のメンバーの皆さんとは皆さんがそれぞれにお忙しい方ばかりと言うこともありますが、普段なかなかお会いすることが出来ないこともあり、本当に楽しいひと時を過ごさせていただきました。

今日の会を催していただいたことで、また来年に向けた元気が出てきたようにも感じています。一年に一度ですが、それを楽しみにまた一年間、私なりにできることを精一杯、そして市民の皆さんにとってどうであるのかをしっかりと見極めながら、一つ一つ丁寧に活動を行っていきたいと思います。

今日は皆さん、本当にありがとうございました。
posted by kin at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発

「春名なおあきさんとの街宣活動」

今日の午前中、鳴門市の中心街において「春名なおあきさんとの街宣活動」を行いました。

今日の鳴門市は年末も押し迫っていることもあるからか、車も人もいつもより多く感じたこともあり、たくさんの方から温かい応援をいただきました。ありがとうございました。また、昨日の演説会での春名さんの非常にわかりやすいお話が鳴門市の街頭でそのまま聞けるとあって、私たち鳴門市委員会のメンバーもいつもより元気に活動を行うことが出来たような気がしています。

残念ながら、今日の街宣活動の様子を写真に収めることが出来ませんでしたので、皆さんにお見せすることはできませんが、今日の私たちの活動をまじかで見ていただいた方々には、その思いが通じたのではないのかと思っています。

来年の7月には、今後の国の在り方を大きく左右する参議院選挙が行われる予定となっています。国民生活をますます苦しめる今の安倍政権の暴走を止めるには、何としても野党が結集し国民の皆さんと一緒になって、国民無視でやりたい放題の安倍政権を退陣に追い込まなくてはなりません。

是非とも、多くの方にご賛同いただけるよう、今後とも私たちも懸命に取り組んでいきますので、ご協力よろしくお願いします。
posted by kin at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 党活動

2015年12月27日

「日本共産党演説会」2015年12月

今日の午後、徳島県教育会館において「日本共産党演説会」が開催されました。

今回の演説会では来年の参議院選挙で徳島・高知合区の選挙区予定候補のみかじり亮子さん、比例代表の予定候補である春名なおあきさん、そして現衆議院議員の清水ただしさんが、それぞれに安倍政権の暴走ストップと四国での日本共産党の躍進への訴えを行いました。

日本共産党演説会201512月


特に、清水ただしさんは元松竹芸能の漫才師と言う経歴をお持ちの方だけあって、約50分間のお話の中でもそのほとんどが会場から笑いの声が上がるほどでした。しかしながら、内容的には今の安倍政権の暴走ぶりに対しての非常に分かりやすい内容となっていたことから、演説会終了後の帰りのバスの中でも、「眠る暇がなかった?」「今の安倍さんは危ない」と言う感想が述べられるほど楽しいながらも会場の皆さんの記憶に残る、そういった演説会になったようです。

今日の演説会には師走も師走、非常に押し迫った時期であったにもかかわらず、約800席の会場がほぼ満員状態でした。これも、今の政府に対する県民の皆さんの不安や不満を表しているのではと思いますし、来年の参議院選挙に向けて、来られていた皆さんの思いもまた共有されたのではと思っています。私としても今日の演説会を来年に活かしていかなくてはと思っていますし、それを地方から実現するためにも新たな共闘を模索していきたいと思っています。今日は皆さんお疲れ様でした。
posted by kin at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 党活動

「とくしまマルシェ2015年12月」

今日の午前中に今年最後となる「とくしまマルシェ」に行ってきました。

とくしまマルシェ2015年12月


私は常々こういった取り組みが鳴門市でもできないものかと考えているところなのですが、これまでにいろいろな方にお話を聞かせていただいていたなかにおいては、鳴門市では現状の体制では非常に難しいことと理解していました。

しかしながら、鳴門市には優れた土地柄に恵まれていることもあり、それによって他地域に誇れる生産品があることに加え、どこの地域よりも若い方々の熱意があると思っていますので、今日のイベントへと足を運んでみるにつけ、余計にその思いが強くなりました。

そして、今日は徳島県知事も今年最後であるためか、各ブ−スを回られていることを見ていると、やはり昨日も言いましたが、現場を見てそれぞれの特性と課題を身近に感じることが大切だなと思いました。

よく経済効果と言いますが、本当の意味での経済効果がなんであるのかを知りながら取り組むのと、言葉だけを飾る者との差が明らかになってきているように思えもします。リーダーとなるべきものには、知識で言葉を飾るよりも知恵を結果に結びつける感性を備えているかどうか、このことがこれまでの、そしてこれからの市民にとってどうであるのかに結び付けられるかを、当たり前に求められています。

さて、来年はそのことに気づくことが出来るのか、はたまた自らに走るのか、私としてもこれまで以上にしっかりと見定め提言をしていきたいと思っています。

本題から少々外れましたが、以下に今日のやる気のある方々の出店模様を写真にてお知らせしておきたいと思います。

とくしまマルシェ2015年12月

とくしまマルシェ2015年12月

とくしまマルシェ2015年12月

とくしまマルシェ2015年12月

とくしまマルシェ2015年12月

とくしまマルシェ2015年12月

とくしまマルシェ2015年12月

とくしまマルシェ2015年12月

とくしまマルシェ2015年12月

とくしまマルシェ2015年12月

とくしまマルシェ2015年12月
posted by kin at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2015年12月26日

「鳴門市ドイツ館でのドイツと日本を結ぶもの」のイベントに関連したお手伝い2

今日も午前中、「鳴門市ドイツ館でのドイツと日本を結ぶもの」のイベントに関連したお手伝いをさせていただきました。

今日は土曜日と言うこともあって、来館者の方も多いかなと思いながら昨日の経験を活かせるようにと思っていたのですが、開館早々からは来ていただけましたが、その後はパラパラと言う感じで、私が受け持っていた午後1時までに来館された方は18名でした。やはり、少し少ないかなと言わざるを得ませんが、なぜか1時を過ぎるあたりから10名ほどの方に次々と来ていただけたのは良かったかなと思っています。

しかし、やはり昨日も感じましたが、ドイツ館への来館者を増やす準備などについては、今後明らかに目指していかなくてはならない課題が見えているのではと私は思いましたので、それらについて機会あるごとに示していきたいと思っています。

そして、来ていただいた方々からも様々なご意見やご要望もいただきました。これらについても今後来ていただく方々への配慮やおもてなしの心を示すためにも、しっかりと活かしていかなくてはならない大切な機会となりました。また、いろいろな立場での対応もこの2日間で見させていただき、また私自身も経験できたことで、より身近に知ることもできました。

このイベントは来月24日まで開催されています。出来るだけ多くの方に鳴門市ドイツ館の魅力とその存在の価値を体感していただきたいと思いますので、是非ともこのイベントの期間中に来ていただければと思います。よろしくお願いします。
posted by kin at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連行事

2015年12月25日

「鳴門市ドイツ館でのドイツと日本を結ぶもの」のイベントに関連したお手伝い

現在、鳴門市ドイツ館では先日もお知らせしました通り、来年の1月24日まで「ドイツと日本を結ぶもの −日独修好150年の歴史−」が開催されていますが、その関連イベントとして私が会員となっています鳴門観光ボランティアガイド会による「ボランテイアガイドと歩く「第九」アジア初演の地”なると”」も行われています。そのイベントのお手伝いとして、今日の午前中からお昼にかけて鳴門市ドイツ館において観光ボランティアを務めてきました。

とは言っても、これまでにさほどドイツ館やその周辺の文化・歴史についてを深く知ることが十分できていないレベルでしたので、当たり前にその範囲でのみのドイツ館に来館していただいたお客さんに対する案内しかできなかったのですが、2階の特別展示や1階のパネル展へと足を運んでくださった皆さんは非常に時間をかけてみてくださり、それぞれの資料についても感銘を受けていただいたのではないのかなと、お帰りの際にお話しさせていただいた限りでは感じました。

ただ、平日の午前中ということもあり、来館者は私の知る限りでは13名ほどでした。やはりこの辺りは今後さらに考えなくてはならない課題でもありますが、そもそもの基本的なことから見直す必要があるのではと今日の様子を見て改めて感じました。

今後それらに関しては、機会を見つけて提言を行っていきたいと思っていますが、明日も今日と同じく観光ボランティアとして午前中にドイツ館へと足を運ぶことにしています。今日の経験からもこれまでの様々なイベントで感じてきているように、やはり実際に足を運び、現場の状況を把握できる視点を確保しなくては、形式的な効果の低いうわべだけの取り繕いで終わってしまうことになりますので、そのことを十分踏まえてこれまで同様に改善を求めていかなくてはと思っています。
posted by kin at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連行事

2015年12月24日

「平成27年 第4回定例会」閉会

今日の午前中から午後にかけて、「平成27年 第4回定例会」の閉会を迎えました。

今日は議案などの採決はなく、主に正副議長選、常任委員会委員の選出などが行われました。私は一昨日お知らせしたとおり、総務文教委員会委員となりました。この委員会は所管の部課が多いこともあり、来年の委員会及び第一分科会の審議にはかなりの時間がかかるのではと思っています。

まあ、私としてはこれまで同様に提出される各議案についても、市民にとってどうであるのかを最優先に考えた審議を行うこととなります。当然に時間その他を優先した委員会とならないよう当たり前にするべきですが、そのあたりも市民の方にしっかりとみていただきたいと思いますし、私も機会を設けて市民の方にお知らせするよう努めていかなくてはと思っています。

ざっくばらんに言えば、今議会は結構疲れましたので、しばらくの間はゆっくりと充電期間を設けたいなと思っているのですが、なかなかそうもいかず、夕方以降もいくつかの相談対応に追われました。来年も引き続きこのペースで進みそうですが、今日の日暮れ以降のひととき、ほんのりする時間もいただきましたので、明日からまた頑張れそうです。ありがたいことですね。
posted by kin at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会及び委員会

2015年12月23日

「日本共産党 撫養支部会議」平成27年12月

今日の夕方、「日本共産党 撫養支部会議」が開かれましたので、遅れながらも参加してきました。

今日は、初めて会議に参加する方がいたこともあり、非常に内容的には盛り上がった会になったのではと思っています。今後も引き続き会に参加していただけることを大いに期待したいと思いますし、私たちの活動に少しでも参加していただけるよう取り組まなくてはと思います。

ただ、時間的にはこれまでと比べ非常に長い時間ともなったこともあり、若干最後は疲れてしましたが、まずは27日に演説会に向けた活動と来年の活動に関する事項もいくつか決定することが出来ましたので、安堵するところに収まりました。

皆さんお疲れ様でした、良いお年をお迎えください。
posted by kin at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 党活動

「第26回大麻町ジングルベルマラソン大会」

今日の午前中から午後にかけて、「第26回大麻町ジングルベルマラソン大会」が開催されることとなっていましたので、今年もボランティアとして参加しました。

第26回大麻町ジングルベルマラソン大会


私が会場に到着した時には、また会場の準備がなされている状態でしたので、参加者の皆さんもちらほらと言う状態でしたが、仮装の受付が9時10分までとなっていたことから、受付会場の堀江公民館まで仮装の参加者の方に声がけをしたのちに、再び出発ゲート付近まで帰ってきた時にはもうすでにたくさんの参加者の皆さんでいっぱいでした。

第26回大麻町ジングルベルマラソン大会


そのなかでも大勢の方がその前に並び、人気者となっていたのが「風船匠じょにい」さんでした。小さな子供たちが嬉しそうにいろいろな動物やキャラクターの形をした風船をプレゼントされ、とっても嬉しそうな笑顔が会場を盛り上げていました。

第26回大麻町ジングルベルマラソン大会


そして、いよいよオープニング! 実行委員長の挨拶や来賓あいさつの後、今年の仮装の部の表彰式が行われました。今年の受賞者はご覧の通り、個性あふれる方々ばかりでした。

第26回大麻町ジングルベルマラソン大会

第26回大麻町ジングルベルマラソン大会

第26回大麻町ジングルベルマラソン大会

第26回大麻町ジングルベルマラソン大会

第26回大麻町ジングルベルマラソン大会

第26回大麻町ジングルベルマラソン大会


仮装の部の表彰式のあとは、慌ただしくまずは今年から少し距離が延び1/4マラソンと名付けられた組のスタート準備が行われているさなか、毎年恒例となった大谷獅子舞保存会の皆さんによる獅子舞が披露されました。

第26回大麻町ジングルベルマラソン大会


そして、いよいよまずは1/4マラソンの部のスタートが近づいてきました。私も係りのおてつだいをするためにスタンバイし、その後スタート・ゴール地点であるこの場にて最後のランナーを迎えるまでお手伝いをさせていただきました(したがって写真撮影はここで終わりです)。今年もたくさんの笑顔にお会いすることが出来て、今年を締めくくるビッグイベントに参加できたことを本当に嬉しく思います。今日の参加された方々や関係者の皆さんにとって、来年も変わらずお会いできることを楽しみに、そしてよい年をお迎えくださるようにと思いながら会場を後にしました。皆さん、お疲れ様でした。

第26回大麻町ジングルベルマラソン大会
posted by kin at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連行事

2015年12月22日

平成27年第4回定例会 全員協議会 議長立候補演説など

今日の午前中、全員協議会が開催され、議長立候補演説などが行われました。

今回の立候補演説に登壇したのは東議員一人でした。議会改革として党派・無所属を問わない連携と活動の確保についてを訴えられていたと受け止めました。それ自体は私としてもこれまで望んでいたこともあり、仮に議長となられた時にはしっかりと今後求めていきたいと思っています。

しかしながら、まだまだそれ以外にも議会改革の課題は多く、自らに及ぶことについてはなかなか前に進めようという姿勢が見られないことや本来の議員の役割を自ら否定するかのような案件に固執する議員もいるなど、これまでの議会運営の中でもたびたび私なりに指摘してきていますが、それらについても市民にとってどうであるのかに重きを置いた活動を進めていきたいと思っています。

その他、今日は常任委員会委員及び議会運営委員会委員の選任についてが示され、今のところあくまでも予定ですが、私は来年には総務文教委員会委員となることとしています。また、議会広報委員会委員の選任についても議題とされましたが、委員の選出には、まずは各会派から一人を選出し、残り三人については、今年は3常任委員会から一人ずつを選出すると言うシステムに代わりましたので、明後日24日の中で決定することとなっています。

いよいよ、今年の議会も終わりを迎えます。来年に向けた取り組みを私としても今から準備をしていかなくてはと思っています。
posted by kin at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会及び委員会

2015年12月20日

「わくわく冬パーク2015」

今日の午前中、鳴門ウチノ海総合公園にて開催されていた「わくわく冬パーク2015」に行ってきました。

わくわく冬パーク2015


私が会場に到着すると、やはりここでもかなりの人がすでに訪れてくださっており、会場内に設けられた各イベントブースにはたくさんの方が並ばれていました。

わくわく冬パーク2015

わくわく冬パーク2015


今回の催しでの各イベントは子供たちだけでなく親子で楽しめるように考えられたものが多くあるように感じ、私としてもこれほどの方が朝早くから来てくれるとは思ってもいませんでした。

わくわく冬パーク2015

わくわく冬パーク2015

わくわく冬パーク2015

わくわく冬パーク2015

わくわく冬パーク2015


ただ、午後から始まる予定のシーカヤックについては、第2駐車場近くと少しメイン会場よりは離れていたこともあり、下の写真のようにその間の風景がとても寂しい感じもしました。

わくわく冬パーク2015


それでも、会場には地元の方による青空市場も開催されており、その他にも移動販売車でも美味しそうなホットドッグや徳島ラーメンが販売されていました。

わくわく冬パーク2015

わくわく冬パーク2015

わくわく冬パーク2015

わくわく冬パーク2015
わくわく冬パーク2015


そして、イベント広場では総合型スポーツクラブによる子どもたちのダンスなどが披露されていて、多くの方が楽しそうに踊る子供たちに魅了されていました。

今回のイベント、私自身会場に行ってみて初めて気づいた今後の課題もいくつかありましたので、それについては機会を見つけて提言していきたいと思っていますが、素朴な驚きとして一つひとつは結構地味なものが多かったような気がしたにも関わらず、本当に沢山の親子連れが来てくれていたことです。関係者の皆さんの努力の賜物でしょうか。ありがとうございました。
posted by kin at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連行事

2015年12月19日

「日本共産党 鳴門市委員会」2015年12月編

今日の午後からは「日本共産党 鳴門市委員会」が開かれました。

それぞれにこれまでの取り組み報告とともに、先日の私の一般質問をはじめ市の姿勢についての意見交換会を行いました。また、今後の演説会に向けた準備や新たな取り組みについてもそれぞれ意見が出され、一つひとつできることからと言う形でスケジュール調整を行いました。

ただ、年末近くになっていることもあり、多くの予定は年明けへとスライドすることになりましたが、年明けもまた忙しい年になりそうです。それでも、国民連合政府に向けた連携に関する模索や市民の皆さんへの周知など、やらなくてはならない課題も多いことから、少しでもと言う思いで今後も頑張っていきたいと思っています。
posted by kin at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 党活動

「ドイツ館のクリスマスマーケット2015」

今日の午前中、鳴門市ドイツ館にて開催される「ドイツ館のクリスマスマーケット2015」に行ってきました。

ドイツ館のクリスマスマーケット2015


今回は鳴門市民デーと言うことで、鳴門市民の皆さんがドイツ館の2階展示室や賀川豊彦記念館の入館料が無料になる日でもあります。

ドイツ館のクリスマスマーケット2015


行ってみると、早くも多くの方が音連れてくださっており、会場は大いに盛り上がっていました。

ドイツ館のクリスマスマーケット2015

ドイツ館のクリスマスマーケット2015

ドイツ館のクリスマスマーケット2015

ドイツ館のクリスマスマーケット2015

ドイツ館のクリスマスマーケット2015


会場には様々なドイツに関連したグッズやお菓子、ビールにワインなども販売されており、来場された皆さんも日頃あまり目にしないドイツならではの商品を手に取ってみていただき、ご購入いただいておりました。

ドイツ館のクリスマスマーケット2015


また、今回は先日もお知らせしました、『ドイツと日本を結ぶもの−日独修好150年の歴史−企画展示』が行われていることもあり、私も所属しています鳴門観光ボランティアガイド会による観光案内も行われています。今日も先輩ガイドの方をはじめとして、市内の観光案内やガイドツアーなどを頑張っていただいていました。私も来週末にはお手伝いをさせていただきます。

ドイツ館のクリスマスマーケット2015


また、そのブースでもハンバーガーやポテトなどが販売されており、以前のドイツ館のイベントの時に美味しくいただいた上勝町からのビールやホットドッグのブースもありましたので、お昼に食べようと購入させていただきました。

ドイツ館のクリスマスマーケット2015


結構ボリュームもあり、スパイスのきいたジビエソーセージがなんとも言えず美味しくて、大満足のお昼ご飯となりました。

しかし、鳴門市民デーと言うことでどれほどの市民の方に来ていただけているのかも気になりましたが、私が訪れていたころには、まだまだ少なく、逆に市外の方の2階展展示室への入館が多かったという状況でした。また、賀川豊彦記念館にも足を運びましたが、やはり同じ状況のようでした。

この状況は以前より、私を含め数多くの方が指摘していた問題であることから、依然改善が見られないことは残念でなりません。そして、この改善は当然に指定管理者のみに頼ったものでは不可能であることも、すでに周知のことですから、それぞれがより問題意識を再確認し、周知の拡がりに少なくとも取り組む必要があると思います。これについては、私としても今後機会あるごとに指摘していきたいと思っています。

このイベントは明日も行われていますので、市民の皆さんには是非とも訪れていただきたいと思いますのでよろしくお願いします。
posted by kin at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連行事

2015年12月18日

「平成27年第4回定例会」委員長報告&討論&採決

今日、「平成27年第4回定例会」が開かれ、それぞれ委員長報告がなされたのち、私が3議案に対する反対討論を行い、採決が行われました。

今回、私が反対の意を示した3議案に関しては、いずれもマイナンバー制度に関連した議案であったことからでしたが、情報漏えいと言うものが一括して漏れずとも、一つひとつの情報についてがこれまでは関連付けるものがなかったことから、個人の歩んできた人生そのものとも言える数多くの情報へと繋がることはなかったものの、今後はマイナンバーがそれぞれの情報を連結させるキーとして存在することから、個人の人生情報が洩れ、またそうならずとも国に管理されてしまうこととなることが非常に危惧されることについて討論を行いました。

結果、採決としては議長を除く21人の議員中、反対したのは私を含めて2名のみ、あとの議員はあっさりと賛成をして可決されてしまいました。私としては、市民の本当の安心・安全を考えれば、もう少し議論や判断に慎重であるべきではと思いましたが、これまでどおりのそれぞれの基準を元に判断がなされたことは残念でなりません。

こんな判断をこれからも続けること自体が、市民に対する議員の存在価値を著しく損ねることになるのではと思います。また、国が下した判断を甘んじて受けるだけで、それをただひたすら市民へと押し付けるだけでは、本来の役割を果たすことなどできるはずもないのですが。
posted by kin at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会及び委員会

2015年12月17日

「気候変動への適応セミナー」への参加

今日の午後、以前よりお誘いいただいていました、環境省主催のとくぎんトモニプラザにおいて『「気候変動への適応セミナー」地球温暖化で私たちの暮らしはどう変化するか?〜気候変動への「適応」について考える〜』と題して行われた講演に参加してきました。

この講演では、まずはじめに基調講演として「地球温暖化対策としての緩和と適応について」と題して、増田啓子教授(龍谷大)を講師に招いて行われました。増田先生には、これまでの地球温暖化に伴う気候変動の「緩和(防止)」だけでなく、中長期的に避けられない影響に対する「適応」も進めていくことが必要であるとお話しいただきました。

その後、徳島県の気候変動「これまで」と「これから」と題して、北脇安正さん(高松地方気象台)に気象庁のデータに基づく気候変動についてを、そして環境落語「病気のガイヤ」として飯田哲也氏(大阪カウンセラー協議会)のとっても楽しい環境についての落語を聞かせていただきました。

最後にはそれぞれパネラーとなっていただき、パネルディスカッションが「地球温暖化で変わる私たちの暮らしと“適応”について」と言うテーマで行われました。

今日の講演で、これまでの私の中での地球温暖化や気候変動についてを、さらに違った観点から知ることが出来たことは、今後の様々な活動の中において活かせていくことのできる機会となりました。ありがとうございました。
posted by kin at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 講習会等

「平成27年第4回定例会 全員協議会」

今日は明日の採決を迎えるにあたっての、事前の申し合わせとも言うべき全員協議会が開かれました。

まずは理事者側から追加議案として、教員委員会委員の任命について、監査委員の船員についての提案理由説明がなされました。これについては各議員から異議もなかったことから、明日の採決ののちに簡易採決がなされることとなりました。

続いて、常任委員会審査報告として、総務文教、生活福祉、産業建設、予算決算の各委員長より審査報告と質疑が行われました。通常質疑はほとんどなされることはないのですが、今回産業建設委員会での「博打的」という発言について確認の質疑があり、その後の議会運営委員会においてその文言が削除されることとなりました。

その後、議会構成についてとして、正副議長の改選についてや議会選出の監査委員、常任委員会委員、議会運営委員会委員、議会広報委員会委員の改選についてなどが事務局より説明されました。

こういった説明が行われる時期となると、改めて師走だなと感じるようにもなりましたが、来年に向け新たな気持ちにもなる機会でもありますので、私としても引き続き懸命に取り組んでいかなくてはと考えています。
posted by kin at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会及び委員会

2015年12月14日

「平成27年第4回定例会」産業建設委員会

今日は産業建設委員会が開かれましたので、先週の委員会同様に付託された議案に対する今後の賛否の参考にするために傍聴しました。

今日の委員会においては、総務文教委員会のような矢継ぎ早な感覚の進行ではなかったものの、やはりさほど深い内容にまで踏み込まれることもなく進められたことから、理事者側の説明にも少し不満を感じるものもありました。

まあ、今日の委員会における議案についても、今後の採決の参考にしながらも、私なりにさらに審議を深めながら判断を行いたいと思っています。
posted by kin at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会及び委員会

2015年12月13日

「プラスター宣伝&議会報告ビラ配り」

今日の午後、鳴門市の大通りの一つである大津町吉永の交差点で戦争法案反対のプラスター宣伝を行いました。

当初はサイレント、つまりはプラスターを掲げるだけの宣伝の予定でしたが、当初の予定にはなかった街宣車が到着したこともあり、思いがけないアピールをする事態になりました。

まあ、丁度今定例会で戦争法について市の姿勢を正したところでしたので、それらについてを含めたご報告させていただきました。また今月27日に行われる国民連合政府の取り組みについての演説会のご案内も併せてさせていただきました。

その後、集まったメンバーで先日私が作成した議会報告のビラ配りを手分けして行いました。久しぶりに約2時間ほど歩いたせいか、またこれまでの議会対応での疲れがまだ残っていたせいか、足への負担が思いのほかあったこともあり、かなり疲れてしまいました。

それでも、今回のような取り組みはしばらくすることがなかなかできていなかったこともありましたので、鳴門市委員会として活動できたことは良かったかなと思っています。ここしばらくはまだいろいろとスケジュールが詰まっていますので、すぐさま続きをと言うわけにはいきませんが出来る範囲でできる限りの活動をと思っています。
posted by kin at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 党活動
ブログランキング・にほんブログ村へ