2019年04月01日

「エイプリルフール」

今日は新しい年度の始まりの日となりました。

そして、懐かしい?「エイプリルフール」と言われる日でもあります。とはいっても、今年は新元号の影響もあるのか、全くと言っていいほど「エイプリルフール」の話題については取り上げられず、各企業も自粛していたのかと思うほどでした。もちろん、新しい時代の始まりに「エイプリルフール」はどうかとも思うところもありますが、ここまで極端だと、逆に違和感を感じてしまいますよね。

まあ、それはそれとして、新しい元号は「令和」だそうです。テレビや明日の新聞を見ると、その盛り上がりを感じることができるのかもしれませんが、私の今日の行動範囲が限られていたこともあるのか、それがそうでもなかったとすれば、そんなものかと思って過ごしてしまいそうにもなりますね。

ネットでは、さっそく新しい元号についてアンケートが取られているようで、最多は「あまり良くないと思う」が30.4%、「とても良いと思う」が21.4%、「とても悪いと思う」が17.8%、「まあ良いと思う」が17.4%、「良くも悪くもない」が13%ということで、結果的に新元号に否定的な回答が合わせて48.2%で、肯定派の38.8%を10ポイント近く上回る結果となったそうです。

これから、時間がたつにつれ、「平成」の時と同じように馴染んでくるんだとは思いますが、今しばらくは何となく違和感を感じながら新元号に触れることになるのでしょう。ところで、先月閉会したのは平成31年第1回定例会でしたが、次回は令名元年第1回?第2回?定例会になるのかな?確認する必要があるのかもしれませんが、不思議な感じですね。

今日の天候も、それを意識したのか、風も強く、時折雨もかなり強く降るなど、あいにくの天気でした。私は終日、知事選挙のお手伝いに明け暮れたような1日でしたが、なんか天候不順もあり、結構疲れましたね。それでも、今日予定していたことが最低限クリアできたことに少しホッとしています。

今日は、なんだかやっぱり「エイプリルフール」の気分ですね。情報の嵐に時世が翻弄されているように感じた、そんな1日でした。
posted by kin at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 党活動
ブログランキング・にほんブログ村へ