2019年04月19日

「第2回 鳴門市新庁舎建設に係る議会機能強化検討会」

今日、第2回となる「鳴門市新庁舎建設に係る議会機能強化検討会」が開催されましたので、委員として出席しました。

今回は、前回関連資料の事前配布をお願いしていたことを受け、その資料と事務局から追加提出された資料を基に議論がなされました。

概ね、前回の議論に沿った内容を基に進められましたが、私としても基本的には前回を踏まえた意見等を述べさせていただきました。例えば、議会機能を低階層にするのか、高階層にするのかについては、市民サービスの提供スペースが確保できたうえで、さらに議会機能を設置する余裕があるのであれば、1階が望ましいこと、しかし、議会機能を1回に設置することで、市民サービスに必要な機能が確保できないのであれば、上層階への設置が望ましいことを意見として述べました。

また、議場の在りかたについても、臨機応変な活用が可能となるようなスペースや、災害時に対応するために必要な資機材や可動式の什器の確保、また傍聴席の在り方のついてもより身近に感じることができるよう、段差の少ない設置、さらに、議会機能以外の使用を踏まえた設備についても、コストを優先して過大な投資とならないように、などについて意見を述べました。

また、市民に身近な議会となるようなあり方についても、無理に議場等にその機能を設けることはせず、例えば新庁舎1階の設置されるであろう、フリースペースや市民の憩いの場、あるいは庁舎入口にモニターを設置し、本会議や委員会審査の様子を映し出し、気軽に市民が視聴できるようにすればいいのでは、ということなども付け加えておきました。

あと、会議室や図書室などの細かい点については、事務局の意向を踏まえて考える必要もあるのではとも意見を述べておきました。これらは、前回の時にも書きましたが、あくまでも市民や議会事務局が利用しやすいものとすることで、それが結局は議員の円滑な活動に繋がると思っているからです。また、洲本市などの議会への視察も提案されましたが、それについては今後日程調整の後に連絡があることになっています。

今回の議論も、個人的にはそもそもの論点がずれているのに気が付いていないのでは、とも思える時もあるなど、個々の議員がもう少し情報収集を行い、誰のために考えるのかについてを考慮すればいいのではと思うときもありましたので、今後に期待しておきたいと思います。

今日の気分は「機能と能力」でしょうか。いつものPFにならないように…。
posted by kin at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連行事
ブログランキング・にほんブログ村へ