2016年08月22日

「日本共産党 全県議員団会議」2016年8月

今日は「全県議員団会議」が開かれることになっていましたので参加してきました。

2016年8月22日 全県議員団会議


午前中、まずは県委員長から党勢拡大などに関する要請がありましたが、非常に耳の痛いお話で恐縮してしまいました。つづいて、県議団からの「熊本地震被災地ボランティア活動報告」では、まだまだ復興が進んでいない現状を知ることができましたし、消費者庁移転問題に関しても、経済効果だけを前面に出す自治体の考えにどうかと思いながら、デメリットの大きさについても改めて気付くことができました。

その後、県内各地の市町の議員さんからの報告から、鳴門市ではまだ取り組めていないものや私が知らなかった事業などについて知ることができ、今後の活動に活かしていかなくてはと思いました。

2016年8月22日 全県議員団会議


午後からは、高知県自治体部長の岡田さんによる「真の地方創生を考える」をテーマにしたお話でした。県レベルでの高知県による先進的な取り組みについてのお話に、国の制度や補助金施策の市町村レベルへの浸透の深度や徳島県では考えられない柔軟性など、かなり違うなという印象でしたが、法令や制度改正にもう少し敏感になる必要があるかなと思うこともできましたし、それらを活かして今後また市に対して提言していけたらと感じる機会ともなりましたので、私としては有意義な時間を過ごさせていただきました。ありがとうございました。
posted by kin at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 党活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176578025
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログランキング・にほんブログ村へ