2016年08月28日

「残念なニュース」

昨日、研修から帰ってきて夜のニュースを見ていると、またもや鳴門市にとって非常に残念な事件が報じられていました。もちろん、今日の新聞にも大きく載っていましたが、もう皆さんご承知の通り、鳴門第一中学校の臨時教諭であった男性が強制わいせつの疑いで逮捕されたというものです。子どもたちへの影響が非常に懸念されます。

今後、市側からも議会に対して詳細などについて報告があるものとは思われますが、今年は本当に鳴門市にとって裁判の件もあり、女性こども支援センターの件もあり、ある意味県内24市町村の中でも残念なニュースが掲載される機会が非常に多いなと言う印象です。

これらが何を意味するのかは、これも残念ながら今後分かってしまう機会が来てしまうのかもしれませんが、それまでに大きな修正が行うことができればと思うばかりです。違った意味で残念なニュースは突然にやってくるものばかりではありませんからね。それにいつ気付くかが求められているのかもしれません…。
posted by kin at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176654593
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログランキング・にほんブログ村へ