2016年12月19日

「平成28年 第4回定例会」採決

今日は、「平成28年 第4回定例会」に提出されていた議案・請願に対する採決が行われました。

私は農業委員会に関する議案2件と、連絡所で行っていた業務を一部郵便局へと委託する議案、そして新学校給食センターに関する議案2件の合わせて5件に対する反対討論を、そして「請願第19号臨時国会でTPP協定を批准しないことを求める請願書」にあえて賛成の立場で討論を行いました。

その理由を簡略化して示しますと、農業委員会に関連した議案については、本来の農業委員会としての役割、またその独立性や農業者全体の意志の確保が担保されない懸念から、そして連絡所業務の一部郵便局への委託に関しては、人口減少が著しい地域においては、さらなる過疎化や個人情報の取り扱いへの懸念から、そして新学校給食センターについては、子供たちの食に関する関りにおいてはあくまでも自校方式が望まれていることや、その建設場所が安心・安全面での懸念が払しょくできないことなどからです。

また請願については、提出された第3回定例会の産業建設委員会の審査日においては、臨時国会の会期末が11月30日であったことから、その第3回定例会において賛否を明らかにしなくては、請願書自体が意味をなくし請願者の思いを無にしてしまうことが明らかであったにも拘らず、そのことを知ってか知らずか(そのいずれにせよ、委員としてはいかがなものかと思いますが)、なんと第4回定例会へと継続にしてしまいました。

これについて、私自身はとんでもないことだと思いましたので、あえて市民の皆さんにそれら委員の請願に対する姿勢の在り方を知っていただくために、討論を行いました。TPPに不安を持たれている多くの市民の皆さんからすれば、今回のこの委員の請願に対する扱いはどう感じられたんでしょうか。本当に残念です。
posted by kin at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会及び委員会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178097395
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログランキング・にほんブログ村へ