2019年03月06日

「予算決算委員会 全体質疑」2日目

今日は、昨日に引き続き、予算決算委員会 全体質疑が行われ、経済建設部・消防本部・教育委員会・企業局に関する平成31年度当初予算の概要などについて質疑が行われました。

私は、3期工事が発表された公共下水道事業や、国史跡指定となった「板東俘虜収容所跡」、「鳴門板野古墳群」、図書などについて、質疑を行いました。また現在、吉野川市における競艇事業のオラレ設置に向けた進捗状況についても質疑を行い、企業局側から地元から難色が示されていることから、丁寧な対応のもと取り組んでいくとの説明を受けました。

ところで、今回の予算決算委員会の全体質疑では、当初「主要施策の概要」に絞っての質疑とされていたはずが、最後には何でもありの質疑範囲となるなど、その運用の曖昧さに…でした。まあ、別に今に始まったことでもないので、それより残念な広がりの方を心配してしまいました。

また、今日の新聞には、鳴門市が昨年度秋に始めた大鳴門橋での自転車配送サービスが、当初目標の1割にも満たないことから休止するとしていることについて掲載されていました。これについては、私もこれまでその費用対効果について懸念を示していましたし、以前にも利用者があまりにも少ないことについて記事になっていたことから、やはりの感が否めませんでしたね。

ということで、今日の気分は「ボタンの掛け違い」とでもしておきます、では。
posted by kin at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会及び委員会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185668780
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログランキング・にほんブログ村へ