2019年03月08日

「非常勤特別職の報酬等審査特別委員会」

今日の午後からは、「非常勤特別職の報酬等審査特別委員会」が開催されることとなっていましたので、私は副委員長として出席しました。

今回の議案は、この度行われる予定の県知事選挙や県議会議員選挙から、期日前投票の会場がこれまでうずしお会館だけであったことに加え、堀江公民館が新たに追加されることを受け、立会人等の報酬について6時間までの短時間に関する報酬についてと、今定例会にこれも提出され、先日の生活福祉委員会で可決された保育に関する審議会の委員に対する報酬についてを新たに定めるものでした。

担当課から説明を受けた後、質疑が行われましたが、本当に短い時間で終わり、すぐに採決が行われ賛成多数で可決されました。これらについては、今後少子高齢化がさらに急激に進む中、投票率向上とすべての子どもたちに対する保育の充実や機会均等をどう図っていくのかが問われるものです。

決して、近視眼的になることなく、いかに長期的な視野を持ち、効率的、そして効果的にその役割を果たすのか、思った以上に重い課題解決に取り組む覚悟がいることと思います。

今日の気分は、「後悔先に立たず」でしょうか。先送りをすることのない、そしてリーダーの先見の明が問われるテーマとも言えますね、では。
posted by kin at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会及び委員会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185679867
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログランキング・にほんブログ村へ