2019年03月31日

「バタバタと集中力」

今日は終日、今年度の後始末と来年度に向けた準備となりました。

なかなか時間的なスケジュールがこなせていないなか、少しでもと思い集中的にクリアに向けて取り組んではみたものの、やはり年のせいかそう長くは集中力が続かず、また雑念が頭をよぎるなど、もはや言い訳レベルにしか言葉が出てきませんね。

それでも、目先のことをこなすために懸命になることは忘れていないようで、それがいいか悪いかは別としても、だんだんシュリンクしていっているように感じることは寂しい限りです。

明日はいよいよ新年度、新しい元号も午前中には発表される予定とのことで、テレビや新聞でもそれぞれにそれについての話題で盛り上がっているようにも見えますが、身近な周囲の雰囲気を見ていると、どちらかと言えば蚊帳の外状態みたいに感じるのは私だけでしょうか。

これが今の日本を象徴しているかのようにも思えますね。ここ十年近く、特に一方的で限られた情報にかなり左右されているように思え、また過剰ともいえるそれに対する反応を、またメディアが当たり前のように大々的に報じる。それが真に必要なものか、真に求められているものなのかそうなのかが別のところへ追いやられているようで。それらのどこが根源なのかを知ることが、本当の知るべきことなのかもしれません。

今日の気分は「ガラスケースの中の飾られた悲しみ」です。『Progress』という私の大好きな歌の歌詞の一部です。宜しければ皆さんも是非!
posted by kin at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185793169
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログランキング・にほんブログ村へ