2019年04月27日

「増田建築の利活用を考える検討会」

今日は鳴門市民会館で開かれることとなっていました「増田建築の利活用を考える検討会」に参加してきました。

20190427増田建築の利活用を考える検討会.jpg


鳴門市にある増田建築は19施設。その一つである市民会館で開催されたことには意義深いものを感じますが、今日は市民会館の建設当時からこれまでの活用についてのパネル展も併設されていて、私も初めて見る写真もあり、非常に興味深く拝見しました。

また、「近代建築をまちづくりに活かす」をテーマに講演も行われ、こちらもこれまでの世界遺産や重要文化財、登録有形文化財などの紹介をはじめ、鳴門市にある増田建築の価値と今後鳴門市本庁舎を残すために何をするのかなどについて、様々な例示のもと、お話ししていただきました。

今日のイベントに参加してみて、まず私が率直に感じたことは、どういった形で残すのか、活用するのかにせよ、同じ目線が必要かなと思ったことでした。また、本庁舎解体までには時間があるから、という点と、誰に働きかければといった点に少し違和感を感じたことでしょうか。

もやもやしたものを語る意見もありましたが、限られた時間の中で、より具体的な情報共有と様々な専門的観点からのアドバイスがもっと必要ではとも思いました。私も可能であれば、今後このイベントに参加してみたいと思いますし、どこまで踏み込んでかは分かりませんが、私なりの意見が言えるまで勉強ができればと思っています。

今日の気分は「夢と現実」でしょうか。今一歩踏み込むことが求められているのかもしれませんね。
posted by kin at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連行事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185931094
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログランキング・にほんブログ村へ