2016年01月24日

「鳴門市民実践講座〜大切な胃・大腸のために〜」

今日の午後、鳴門市うずしお会館において「鳴門市民実践講座〜大切な胃・大腸のために〜」が開催されることとなっていましたので参加してきました。

今日は昨日からの雪で開催もどうかなと思いましたが、無事最後まで行われました。ちなみに今回の雪は日本付近に約40年ぶりの大寒波が襲来したことが原因で、中国地方や九州では所々で記録的な大雪となっていて、長崎市は1906年の統計開始以来、最も雪が積もり、49年ぶりに記録更新と報道されていました。


鳴門市民実践講座〜大切な胃・大腸のために〜


講座は、まずはじめに「胃内視鏡を受けましょう。検診でわかる食道・胃の病気」と題して、徳島県鳴門病院内科医長の宮城順子先生にお話しいただきました。この胃・大腸に関することについては平成26年の11月に開催された「ピロリ菌ってなに?もっと知りたい!胃がん検診」の際に丁寧にご講義いただいていたこともあり、復習を兼ねて改めて聞かせていただきました。特にピロリ菌については非常に興味深く、また胃・大腸のがん検診の受診率ともに、いまだ鳴門市が最下位であったことを改めて知らされたことはショックでした。

鳴門市民実践講座〜大切な胃・大腸のために〜


続いては、「消化器がん(胃・大腸)の最新治療」と題して、同じく徳島県鳴門病院の外科医長である宮谷知彦先生にお話しいただきました。胃がんと大腸がんについて、早期と進行の違いや治療・手術方法などについてを詳しく教えていただきましたが、特に大腸がんに関しては、がんの発生部位や進行の度合いによっては、その後の生活に大きな影響を及ぼすことから、健診を定期的に行うことが大切さであると何度もお話しいただきました。

今日の講演を聞いていて、私としても自身の健康についてもう少し気遣いを必要とするのかなと思いましたが、これら鳴門市の受診率が県内最低と言うことについても、以前の講演以降において改善がなかなか見られないことに対しては、単なる継続的な対応だけでなく、もっと抜本的な対策が必要であることを示しているのではと思いました。
posted by kin at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連行事

2016年01月17日

「子どもの健康づくり講演会〜子どものよくある病気を学ぼう〜」

今日の午前中、鳴門市うずしお会館において「子どもの健康づくり講演会〜子どものよくある病気を学ぼう〜」が開催されましたので参加してきました。

「子どもの健康づくり講演会〜子どものよくある病気を学ぼう〜」


今日は、溶連菌感染症やリュウマチ熱をはじめとする、特に乳幼児が主にかかりやすい病気に対する知識や対応についてをお話しいただきました。なかでも、ウィルスや菌に対する検査キットや治療に関して、両方に対応しているものだけでなく、片方にだけ対応しているものがあることを初めて知りました。その他、なぜ発熱1日目に検査を行わないのかや、感染症への消毒の方法などについても教えていただきました。

また、夜尿症や低身長についてもお話しいただき、これまで漠然とは知っていたものの、それぞれの現状や対策を聞かせていただき、必要ではありながらも、乳幼児のころではそれほどデリケートになることはないと言うことを知ることもできました。

私自身も、子どもたちがまだ小さいころにいろいろとアトピーや病気にかかっていたこともあり、当時のことを思い出しながら聞かせていただいていましたが、特にアトピーなどのアレルギーに関しては、今はそれらの食材などを避けるのではなく、少しづつ慣れさせる治療が広まっていることを知り、これまで私なりに思っていたことが正しいかったのかなと思い、また安心しました。

子どもたちやその保護者の皆さんは、鳴門市の今後においても非常に大切であり、また市としてもより住みやすい環境づくりへと責任をもって全力で取り組まなくてはなりません。私としてもこれまで以上に子育てしやすい街づくりへと提言・実践を行っていきたいと思います。
posted by kin at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連行事

2016年01月16日

「2016年 徳島県建設労働組合鳴門支部 旗びらき」

今日の夜には「2016年 徳島県建設労働組合鳴門支部 旗びらき」が催されましたので来賓として出席させていただきました。

2016徳島県建設労働組合鳴門支部 新年旗びらき


私としても、これまでもいろいろな機会でお世話になっていることもあり、今年も皆さんの暮らしと仕事を守るため、制度拡充などに向けて取り組んでいかなくてはと思っています。

今日の会でも今の安倍世間に対する危機感や今後の取組の大切さについてもお話しさせていただく機会もありました。今後とも皆さんとともに、政府の暴走を止めるために、また少しでも安心して暮らせる鳴門市とするために全力を尽くしていきたいと思います。
posted by kin at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連行事

2016年01月14日

「戸田あさお 初日ノ出半世紀展2016」

今日の午前中、キョーエイ鳴門駅前店できょうから開催されることとなっていた「戸田あさお 初日ノ出半世紀展」を見に行ってきました。

2016戸田あさお 初日ノ出半世紀展


この催しは、戸田さんが50年以上前に絵画仲間の皆さんの誘いで日の出を書いたことが始まりで、今年傘寿を迎えたことをきっかけに、手元に残っている1970年以降の作品が展示されています。

2016戸田あさお 初日ノ出半世紀展


里浦町の大手海岸の北東、いわし山のもとで初日の出を待って一気に書きあげるそうです。拝見させていただきながら、当時の苦労や作品に込めた思いなどを聞かせていただきました。

2016戸田あさお 初日ノ出半世紀展

2016戸田あさお 初日ノ出半世紀展


上の作品が1984年に、そして下の写真が今年の作品ですが、特にこの1984年の描いた作品が一番のお気に入りで、今年も含め未だこれを超えるものはありませんと教えていただきました。

2016戸田あさお 初日ノ出半世紀展


戸田さんには、これからもまだまだお元気で続けていただきたいと思います。今日は本当に貴重な機会をいただきありがとうございました。

なお、今回の個展は今日から17日まで開催される予定となっています。是非とも皆さん、訪れてくださいますようよろしくお願いします。
posted by kin at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連行事

2016年01月10日

「平成28年 鳴門市消防出初式」

今日の午前中、鳴門ウチノ海総合公園において「平成28年 鳴門市消防出初式」が開催されましたので来賓として出席しました。

平成28年鳴門市消防出初式


今年の式典は昨年までとは違い比較的寒さを感じることもなく、消防分団員の皆さんをはじめ700人近い関係者が出席のもと始まりました。今回の表彰では、県知事表彰10名、市長表彰32名、県消防協会表彰(功績章)11名、県消防協会表彰(精績章)22名、県消防協会長表彰(特別表彰)女性分団、鳴門市消防長表彰30名、鳴門市消防団長表彰42名、鳴門市消防長精勤賞28名の方々がそれぞれに表彰を受けられました。

平成28年鳴門市消防出初式


式典が進むにつれ次第に風が少し出始め、冷たさを指先にかんじるようになり、例年ほどではないにせよ、やはり寒さを感じる恒例の行事となりました。また、今年は徳島県防災ヘリコプターうずしおによる祝賀飛行は見送られましたので、若干短めの式典ともなりました。

私はそのあとにいつもお世話になっている団体の新年互礼会に出席するため早めに会場を後にしましたが、私としても今年1年も市民の皆さんの安心・安全に取り組まなくてはと強く感じた式典となりました。
posted by kin at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連行事

2016年01月09日

「鳴門の十日えびす祭2016」

今日の午前中、今日から11日まで撫養町南浜の事代主神社で行われる「鳴門の十日えびす祭」に行ってきました。

鳴門の十日えびす祭2016


今日は初日と言うこともあってか、私が言った時間帯にはまだそんなに参拝客はおらず、比較的例年よりゆったりとした感覚で参拝できました。

鳴門の十日えびす祭2016

鳴門の十日えびす祭2016


まずは去年の福笹を返し、境内の裏に設置されている「福太鼓」を鳴らしました。そして参拝を済ませた後、今年は熊手を購入しましたが、本当に毎年のように1年の始まりと言うか、改めて頑張らねばと気づかせていただいています。
posted by kin at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連行事

2016年01月06日

「生活相談活動」2016年1月

今日は午前中から生活相談活動をこなしました。

今回はその多くが年末や3が日の間にご相談いただいたもので、5件ほどの案件でしたが今日それぞれに関係する各所へと対応していただくようお願いしておきました。

その内容も、ご家族の様態に関する今後の対応についてや、生活圏における安全確保についてなどでしたが、いずれも早めの対応が求められるものばかりですので、今後私としても引き続き支援をしていきたいと思っています。

ところで、今日は徳島駅伝の最終日。昨日の鳴門市の選手たちの頑張りを間近に見た私としては、生活相談対応の間もかなり気になっていましたが、夕方のニュースで結果として5位と知った時には少しショックでした。しかし、皆さんの昨年までの懸命の取り組みの結果、4連覇と言う素晴らしい成績を得ることが出来たわけですから、5連覇とはいかなかったものの来年以降また新たな歴史を作り出していただけると思っています。

選手・関係者の皆さん、本当にお疲れ様でした。
posted by kin at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連行事

2016年01月05日

「第62回徳島駅伝2日目」

「初市」の後は、毎年恒例の「徳島駅伝2日目」の応援に行ってきました。

第62回徳島駅伝2日目


いつものセブン前では、その時の最新の案内で鳴門市がここを3番目に通ると思いこんだがために、写真に収めるのに失敗してしまいました。それでも、昨日からのこれまでの追い上げでかなりその差を縮めてくれていることから、皆さんも例年以上に応援にも熱が入ったのではと思っています。

第62回徳島駅伝2日目


昨日までは3位であったのが、ここまでの頑張りで2位に浮上。下の写真は折り返し地点の上板町役場を出発する選手たちの様子です。いよいよ明日に期待のかかるところです。皆さん、頑張ってください。

第62回徳島駅伝2日目

第62回徳島駅伝2日目
posted by kin at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連行事

「平成28年鳴門市公設地方卸売市場初市」

今日の早朝、鳴門市公設地方卸市場において「初市」の式典が行われましたので出席してきました。

平成28年鳴門市公設地方卸売市場初市


今年は開設41年目となりますが、なんだか個人的には非常に寂しい雰囲気になりました。挨拶では物流形態の変化に伴う市場の在り方が変化する中で、鳴門市のこの市場をどのように今後維持・発展させていくのかが問われているとのことでした。

もちろん、それは今に始まったことではなく、少なくとも昨年30周年を迎えた大鳴門橋の開通や18年目を迎えた明石大橋の開通と言う大きな節目を受けたこれまでの取り組みがどうであったのか、また平成24年の鮮魚の卸売業務廃止以降についても同様で、今さら感が否めません。

本来であれば、現在までに解決できていない課題や収支決算を含めた存続意義、そして今後の市場のあるべき姿についてを、これ以上時代遅れとならないよう、市民にとっての必要度をしっかりと図りながら取り組んでいかなくては、これまでの税金や労力が無駄となってしまいます。

これについては、今後もただ行き過ぎる時に流されないよう、私としても様々な観点から提言を行っていきたいと思っています。
posted by kin at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連行事

2015年12月26日

「鳴門市ドイツ館でのドイツと日本を結ぶもの」のイベントに関連したお手伝い2

今日も午前中、「鳴門市ドイツ館でのドイツと日本を結ぶもの」のイベントに関連したお手伝いをさせていただきました。

今日は土曜日と言うこともあって、来館者の方も多いかなと思いながら昨日の経験を活かせるようにと思っていたのですが、開館早々からは来ていただけましたが、その後はパラパラと言う感じで、私が受け持っていた午後1時までに来館された方は18名でした。やはり、少し少ないかなと言わざるを得ませんが、なぜか1時を過ぎるあたりから10名ほどの方に次々と来ていただけたのは良かったかなと思っています。

しかし、やはり昨日も感じましたが、ドイツ館への来館者を増やす準備などについては、今後明らかに目指していかなくてはならない課題が見えているのではと私は思いましたので、それらについて機会あるごとに示していきたいと思っています。

そして、来ていただいた方々からも様々なご意見やご要望もいただきました。これらについても今後来ていただく方々への配慮やおもてなしの心を示すためにも、しっかりと活かしていかなくてはならない大切な機会となりました。また、いろいろな立場での対応もこの2日間で見させていただき、また私自身も経験できたことで、より身近に知ることもできました。

このイベントは来月24日まで開催されています。出来るだけ多くの方に鳴門市ドイツ館の魅力とその存在の価値を体感していただきたいと思いますので、是非ともこのイベントの期間中に来ていただければと思います。よろしくお願いします。
posted by kin at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連行事

2015年12月25日

「鳴門市ドイツ館でのドイツと日本を結ぶもの」のイベントに関連したお手伝い

現在、鳴門市ドイツ館では先日もお知らせしました通り、来年の1月24日まで「ドイツと日本を結ぶもの −日独修好150年の歴史−」が開催されていますが、その関連イベントとして私が会員となっています鳴門観光ボランティアガイド会による「ボランテイアガイドと歩く「第九」アジア初演の地”なると”」も行われています。そのイベントのお手伝いとして、今日の午前中からお昼にかけて鳴門市ドイツ館において観光ボランティアを務めてきました。

とは言っても、これまでにさほどドイツ館やその周辺の文化・歴史についてを深く知ることが十分できていないレベルでしたので、当たり前にその範囲でのみのドイツ館に来館していただいたお客さんに対する案内しかできなかったのですが、2階の特別展示や1階のパネル展へと足を運んでくださった皆さんは非常に時間をかけてみてくださり、それぞれの資料についても感銘を受けていただいたのではないのかなと、お帰りの際にお話しさせていただいた限りでは感じました。

ただ、平日の午前中ということもあり、来館者は私の知る限りでは13名ほどでした。やはりこの辺りは今後さらに考えなくてはならない課題でもありますが、そもそもの基本的なことから見直す必要があるのではと今日の様子を見て改めて感じました。

今後それらに関しては、機会を見つけて提言を行っていきたいと思っていますが、明日も今日と同じく観光ボランティアとして午前中にドイツ館へと足を運ぶことにしています。今日の経験からもこれまでの様々なイベントで感じてきているように、やはり実際に足を運び、現場の状況を把握できる視点を確保しなくては、形式的な効果の低いうわべだけの取り繕いで終わってしまうことになりますので、そのことを十分踏まえてこれまで同様に改善を求めていかなくてはと思っています。
posted by kin at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連行事

2015年12月23日

「第26回大麻町ジングルベルマラソン大会」

今日の午前中から午後にかけて、「第26回大麻町ジングルベルマラソン大会」が開催されることとなっていましたので、今年もボランティアとして参加しました。

第26回大麻町ジングルベルマラソン大会


私が会場に到着した時には、また会場の準備がなされている状態でしたので、参加者の皆さんもちらほらと言う状態でしたが、仮装の受付が9時10分までとなっていたことから、受付会場の堀江公民館まで仮装の参加者の方に声がけをしたのちに、再び出発ゲート付近まで帰ってきた時にはもうすでにたくさんの参加者の皆さんでいっぱいでした。

第26回大麻町ジングルベルマラソン大会


そのなかでも大勢の方がその前に並び、人気者となっていたのが「風船匠じょにい」さんでした。小さな子供たちが嬉しそうにいろいろな動物やキャラクターの形をした風船をプレゼントされ、とっても嬉しそうな笑顔が会場を盛り上げていました。

第26回大麻町ジングルベルマラソン大会


そして、いよいよオープニング! 実行委員長の挨拶や来賓あいさつの後、今年の仮装の部の表彰式が行われました。今年の受賞者はご覧の通り、個性あふれる方々ばかりでした。

第26回大麻町ジングルベルマラソン大会

第26回大麻町ジングルベルマラソン大会

第26回大麻町ジングルベルマラソン大会

第26回大麻町ジングルベルマラソン大会

第26回大麻町ジングルベルマラソン大会

第26回大麻町ジングルベルマラソン大会


仮装の部の表彰式のあとは、慌ただしくまずは今年から少し距離が延び1/4マラソンと名付けられた組のスタート準備が行われているさなか、毎年恒例となった大谷獅子舞保存会の皆さんによる獅子舞が披露されました。

第26回大麻町ジングルベルマラソン大会


そして、いよいよまずは1/4マラソンの部のスタートが近づいてきました。私も係りのおてつだいをするためにスタンバイし、その後スタート・ゴール地点であるこの場にて最後のランナーを迎えるまでお手伝いをさせていただきました(したがって写真撮影はここで終わりです)。今年もたくさんの笑顔にお会いすることが出来て、今年を締めくくるビッグイベントに参加できたことを本当に嬉しく思います。今日の参加された方々や関係者の皆さんにとって、来年も変わらずお会いできることを楽しみに、そしてよい年をお迎えくださるようにと思いながら会場を後にしました。皆さん、お疲れ様でした。

第26回大麻町ジングルベルマラソン大会
posted by kin at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連行事

2015年12月20日

「わくわく冬パーク2015」

今日の午前中、鳴門ウチノ海総合公園にて開催されていた「わくわく冬パーク2015」に行ってきました。

わくわく冬パーク2015


私が会場に到着すると、やはりここでもかなりの人がすでに訪れてくださっており、会場内に設けられた各イベントブースにはたくさんの方が並ばれていました。

わくわく冬パーク2015

わくわく冬パーク2015


今回の催しでの各イベントは子供たちだけでなく親子で楽しめるように考えられたものが多くあるように感じ、私としてもこれほどの方が朝早くから来てくれるとは思ってもいませんでした。

わくわく冬パーク2015

わくわく冬パーク2015

わくわく冬パーク2015

わくわく冬パーク2015

わくわく冬パーク2015


ただ、午後から始まる予定のシーカヤックについては、第2駐車場近くと少しメイン会場よりは離れていたこともあり、下の写真のようにその間の風景がとても寂しい感じもしました。

わくわく冬パーク2015


それでも、会場には地元の方による青空市場も開催されており、その他にも移動販売車でも美味しそうなホットドッグや徳島ラーメンが販売されていました。

わくわく冬パーク2015

わくわく冬パーク2015

わくわく冬パーク2015

わくわく冬パーク2015
わくわく冬パーク2015


そして、イベント広場では総合型スポーツクラブによる子どもたちのダンスなどが披露されていて、多くの方が楽しそうに踊る子供たちに魅了されていました。

今回のイベント、私自身会場に行ってみて初めて気づいた今後の課題もいくつかありましたので、それについては機会を見つけて提言していきたいと思っていますが、素朴な驚きとして一つひとつは結構地味なものが多かったような気がしたにも関わらず、本当に沢山の親子連れが来てくれていたことです。関係者の皆さんの努力の賜物でしょうか。ありがとうございました。
posted by kin at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連行事

2015年12月19日

「ドイツ館のクリスマスマーケット2015」

今日の午前中、鳴門市ドイツ館にて開催される「ドイツ館のクリスマスマーケット2015」に行ってきました。

ドイツ館のクリスマスマーケット2015


今回は鳴門市民デーと言うことで、鳴門市民の皆さんがドイツ館の2階展示室や賀川豊彦記念館の入館料が無料になる日でもあります。

ドイツ館のクリスマスマーケット2015


行ってみると、早くも多くの方が音連れてくださっており、会場は大いに盛り上がっていました。

ドイツ館のクリスマスマーケット2015

ドイツ館のクリスマスマーケット2015

ドイツ館のクリスマスマーケット2015

ドイツ館のクリスマスマーケット2015

ドイツ館のクリスマスマーケット2015


会場には様々なドイツに関連したグッズやお菓子、ビールにワインなども販売されており、来場された皆さんも日頃あまり目にしないドイツならではの商品を手に取ってみていただき、ご購入いただいておりました。

ドイツ館のクリスマスマーケット2015


また、今回は先日もお知らせしました、『ドイツと日本を結ぶもの−日独修好150年の歴史−企画展示』が行われていることもあり、私も所属しています鳴門観光ボランティアガイド会による観光案内も行われています。今日も先輩ガイドの方をはじめとして、市内の観光案内やガイドツアーなどを頑張っていただいていました。私も来週末にはお手伝いをさせていただきます。

ドイツ館のクリスマスマーケット2015


また、そのブースでもハンバーガーやポテトなどが販売されており、以前のドイツ館のイベントの時に美味しくいただいた上勝町からのビールやホットドッグのブースもありましたので、お昼に食べようと購入させていただきました。

ドイツ館のクリスマスマーケット2015


結構ボリュームもあり、スパイスのきいたジビエソーセージがなんとも言えず美味しくて、大満足のお昼ご飯となりました。

しかし、鳴門市民デーと言うことでどれほどの市民の方に来ていただけているのかも気になりましたが、私が訪れていたころには、まだまだ少なく、逆に市外の方の2階展展示室への入館が多かったという状況でした。また、賀川豊彦記念館にも足を運びましたが、やはり同じ状況のようでした。

この状況は以前より、私を含め数多くの方が指摘していた問題であることから、依然改善が見られないことは残念でなりません。そして、この改善は当然に指定管理者のみに頼ったものでは不可能であることも、すでに周知のことですから、それぞれがより問題意識を再確認し、周知の拡がりに少なくとも取り組む必要があると思います。これについては、私としても今後機会あるごとに指摘していきたいと思っています。

このイベントは明日も行われていますので、市民の皆さんには是非とも訪れていただきたいと思いますのでよろしくお願いします。
posted by kin at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連行事

2015年12月08日

『ドイツと日本を結ぶもの−日独修好150年の歴史−企画展示 開場セレモニー及び内覧会』

今日の一般質問の後、鳴門市ドイツ館において行われた『ドイツと日本を結ぶもの−日独修好150年の歴史−企画展示 開場セレモニー及び内覧会』に参加してきました。

『ドイツと日本を結ぶもの−日独修好150年の歴史−企画展示 開場セレモニー及び内覧会』


この催しは、鳴門市と国立歴史民俗博物館が主催する「ドイツと日本を結ぶもの―日独修好150年の歴史―」の企画展が鳴門市ドイツ館で開催(平成27年12月9日〜平成28年1月24日まで)されることから、その開場を記念に行われたものですが、オープニングを飾るテープカットの後、ドイツ館、道の駅「第九の里」周辺に設置されたイルミネーションが点灯されました。

『ドイツと日本を結ぶもの−日独修好150年の歴史−企画展示 開場セレモニー及び内覧会』

『ドイツと日本を結ぶもの−日独修好150年の歴史−企画展示 開場セレモニー及び内覧会』


私としても、鳴門観光ボランティアガイドとして今月25・26日の両日にガイドとして至らぬところが多々ありますが、当日会場にて観光案内のお役を果たすこととなっています。是非とも皆さんのご来場をお待ちしております。
posted by kin at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連行事

2015年11月21日

「第6回100円商店街2015」

海の駅の式典から、次は大道銀天街で開催されることとなっていました「第6回100円商店街」に行ってきました。

第6回100円商店街2015


このイベントもはや6回目、もうかなりの人にも周知され私が行った時にはもうすでにたくさんの方で盛り上がっていました。それぞれお店の前では、いろいろなアイデアを駆使した商品や本当においしそうなものがいっぱい並べられていて、皆さん並ぶことも苦にならないように楽しまれていました。それぞれのお店の前の様子を写真に収めましたので一覧でご覧ください。

第6回100円商店街2015

第6回100円商店街2015

第6回100円商店街2015

第6回100円商店街2015

第6回100円商店街2015

第6回100円商店街2015

第6回100円商店街2015

第6回100円商店街2015

第6回100円商店街2015

第6回100円商店街2015

第6回100円商店街2015

第6回100円商店街2015

第6回100円商店街2015

第6回100円商店街2015

第6回100円商店街2015

第6回100円商店街2015

第6回100円商店街2015

第6回100円商店街2015

第6回100円商店街2015

第6回100円商店街2015

第6回100円商店街2015


特に「ジュニアエコノミーカレッジ」と銘打って、鳴門市の小学校の子供たちがお店を構えている広場では、どこよりも多くのお客さんで盛り上がっていましたよ♪こういった取り組みは続けることで中学校、高校となり社会人へと、必ずや子供たちの将来に役に立つであろうと私は思っています。出来れば今後も引き続き広がりを期待したいところです。

ただ、全体として感じたこととしては、やはり来られている方が幾分少なくなってきているのかなと感じたことですね。今後に期待したいと思いますし、私としてもできうる限り見守りながら支援をと思っています。
posted by kin at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連行事

「きたなだ海の駅記念式典&JF北灘さかな市店舗リニューアルオープンイベント」

今日は朝からJFさかな市で行われることになっていました「きたなだ海の駅記念式典&JF北灘さかな市店舗リニューアルオープンイベント」に行ってきました。

きたなだ 海の駅記念式典& JF北灘さかな市店舗リニューアルオープンイベント2015

きたなだ 海の駅記念式典& JF北灘さかな市店舗リニューアルオープンイベント2015

きたなだ 海の駅記念式典& JF北灘さかな市店舗リニューアルオープンイベント2015


私が行くと、もうすでにたくさんの方が来られており、会場は式典が間もなく始まると言う雰囲気でいっぱいでした。

きたなだ 海の駅記念式典& JF北灘さかな市店舗リニューアルオープンイベント2015

きたなだ 海の駅記念式典& JF北灘さかな市店舗リニューアルオープンイベント2015

きたなだ 海の駅記念式典& JF北灘さかな市店舗リニューアルオープンイベント2015

きたなだ 海の駅記念式典& JF北灘さかな市店舗リニューアルオープンイベント2015


また、式典の周辺では車エビの釣り堀や漁師のにぎり寿司、鯛めしなどが行われていましたが、その他にも
北灘産の鳴門わかめや漁師のふるまい汁が無料で振舞われました。私もふるまい汁をいただきましたが、お味噌がとても絶品で、何でもオリジナルのお味噌を使われているということで、本当に美味しくいただきました。

きたなだ 海の駅記念式典& JF北灘さかな市店舗リニューアルオープンイベント2015

きたなだ 海の駅記念式典& JF北灘さかな市店舗リニューアルオープンイベント2015


そうこうしているうちに、テープカットや持ち投げが式典会場で始まりました。今日のこのイベントには後から後から本当にたくさんの方が来られ、今日の式典が大いに盛り上がったことを表していたなと感じました。

きたなだ 海の駅記念式典& JF北灘さかな市店舗リニューアルオープンイベント2015


店舗もリニューアルと言うことで、私も中に入ってみましたが、かなり店内が広くなって多くの方が訪れてもゆったりと商品を見ることができるスペースとなっていました。

鳴門でも、特にこの周辺地域にはこういったイベントが開催できる場所がなかなかないことから、市内の方々はもちろん、市外の方々にも鳴門の良さを感じていただける、そういった広がりと今回なったことは今後の鳴門市にとって非常に意義のあることだと思います。

きたなだ 海の駅記念式典& JF北灘さかな市店舗リニューアルオープンイベント2015


最後にすだち君とうずしおくん、うずひめちゃんの3ショットで私としては今回の式典を締めくくりました。
posted by kin at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連行事

2015年11月18日

「ASAトライアングル絵画コンクール入品展示会2015」

今日の午前中に、キョーエイ鳴門駅前店の4階ギャラリーで今日から24日まで開催される「ASAトライアングル絵画コンクール入品展示会2015」を見に行ってきました。

2015ASAトライアングル絵画コンクール入品展示会


この催しは今回で第8回となりますが、鳴門市・東かがわ市・南あわじ市の小学3〜5年生の子供たちによる作品が一斉に展示されており、本当に私が同世代のころには考えられないほどに上手にどれも描かれていました。もちろん、私自身が芸術に疎くて絵心も全くないことからなんですが、一つひとつの作品に感動と癒しをいただきました。

2015ASAトライアングル絵画コンクール入品展示会

2015ASAトライアングル絵画コンクール入品展示会

2015ASAトライアングル絵画コンクール入品展示会

2015ASAトライアングル絵画コンクール入品展示会


皆さんも24日までの間に、是非とも子供たちの力作を見に来ていただけますよう、よろしくお願いします。
posted by kin at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連行事

2015年11月16日

「第5回鳴門市中小企業振興基本条例策定審議会」2015年11月

今日の午後、うずしお会館において「第5回鳴門市中小企業振興基本条例策定審議会」が開催されることとなっていましたので、傍聴に行ってきました。

第5回鳴門市中小企業振興基本条例策定審議会2015年11月

第5回鳴門市中小企業振興基本条例策定審議会2015年11月


審議会としては、実質要した時間は約40分ほど。内容はと言えば、前回の各委員からの意見・要望や市側による加筆・修正を反映させたものが資料として提出されたのですが、殆どの時間はそれらについての単純な訂正や要望に終始してしまったという印象でした。

私としても、傍聴していてさすがにこれは?というものでしたが、わざわざ来ていただいている各委員の皆さんに申し訳ない気持ちにもなってしまいました。

それから、これまでもそうですが全国的にも「がんばる企業を応援します!」的なフレーズがよく飛び交っているように思えますが、いま小規模企業者や小企業者の皆さんにも高齢化や昨今の消費税増税をはじめとする様々な負担増で、頑張りたくてもなかなか思うように頑張れない方々が増えてもきているのが現実です。そういった声なき声、サイレントマジョリティの皆さんを前面から支援する、そういったことが条例の中にもっと分かりやすい形で表現できないものかとも思いました。

あと、言えばきりがないのですが、あえて言っておきますと、一番大きな点として気になったのは、市にとっても企業にとっても計り知れない負担となりかねないマイナンバー制度が施行されたことに伴い、これまでとは比べ物にならないほどのセキュリティ対策などが重要になってきているにもかかわらず、そういった点について条例文において、それぞれの責務や役割の中で全く触れられていなかったことでした。

もちろん、そういったことが条例の条文の中身としてふさわしいのかと言う考えもあるんでしょうが、あえて条文の中に責務や役割を掲げている以上は、全くそれについて考慮されていないというのは、私としてはどうなのかなと思ってしまいます。

また、条例の名称についてですが、中小企業と言う表現が、国というか法律の中でも規定があり、また一般概念としてもこれまでにある程度の暗黙の了解となっている中で、「名は体を表す」と言うことわざがありますが、鳴門市の企業・団体の殆どがどの類別に属しているのかを考えれば、その表現に言わずもがなのような気が私はしましたが・・・。

さらに言えば、政府の唱えている「地方創生人材支援制度」に関連した事項についても、特に来年度以降の動向もありますので、若干の議論がなされてもいいのではとも思いましたね。今後、議会でも素案について担当委員会で審議がなされることと思いますが、それら私の不安や提案をしっかりと踏まえたものとなるのか、しっかりと見ていきたいと思います。
posted by kin at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連行事

2015年11月14日

松浦酒造蔵開き(蔵&蔵)

大谷焼き窯まつりの後には、松浦酒造蔵開き(蔵&蔵)を少しの時間でしたが覗かせていただきました。

松浦酒造蔵開き(蔵&蔵)


この催しも出来るだけと思いながらいつも参加させていただくのですが、本当にそういった鳴門に対するそれぞれに思いを持った方々が今日も訪れられていたのではと思いました。

松浦酒造蔵開き(蔵&蔵)

松浦酒造蔵開き(蔵&蔵)

松浦酒造蔵開き(蔵&蔵)

松浦酒造蔵開き(蔵&蔵)

松浦酒造蔵開き(蔵&蔵)

松浦酒造蔵開き(蔵&蔵)


今日は本当に雨交じりのイベント初日となりましたが、皆さんお疲れ様でした。
posted by kin at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連行事
ブログランキング・にほんブログ村へ