2017年05月01日

「第68回 議会広報委員会」

今日の午前中に「第68回 議会広報委員会」が開催されましたので委員長として出席しました。

今日の議題は、
1.議会だよりNO.99号について
2.議会だよりNO.100号に向けた記念企画について
3.次回の日程について
でした。

まずは1の議会だより99号について、事務局より前回の審議を踏まえての構成等について説明がなされたのち、各委員から意見・要望が出されました。

主に表記の点についての指摘や要望が多かったかなと私なりにはそういった印象を持ちましたが、事務局として今後の課題とさせていただきますといった趣旨が示されたことから、次回以降へと持ち越されることとなりました。

また、2の100号に向けた記念企画についてとして、中学生から議会に対する質問などを受け付け、それにお応えするといった内容について、これも事務局より説明がなされたのちに、各委員からそれぞれ意見・要望等が出されました。

私個人的には今回の企画については、前回も述べさせていただいたとおり、前年度からの引継ぎ事項として、記念企画ではなく、継続的な企画としての共有がなされていたという意識がありましたので、その点については違和感を非常に感じるところではありますが、事務局の煩雑さを考えると、今後の進め方への配慮を私なりには考えなくてはと思っているところです。

今日の審議は当初の私の想定を大幅に超え、約1時間半もの時間をかけ、内容について各委員からも積極的な意見・要望等が出されたことは特筆するべきレベルではなかったかなと感じています。

私としても、事務局には若干の苦言をあえて示させていただきましたが、今後はさらに情報共有に努め、随時的確な判断とアドバイスができるよう委員長として務めなくてはと改めて感じる機会となりました。

今後の議会広報委員会としての運営成果をお示しする立場としては、是非とも市民の皆さんには今後の議会だよりを楽しみにしていただければと思います。よろしくお願いします。

次回の議会広報委員会の開催は5月18日午前10時からと決定しました。
posted by kin at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会及び委員会

2017年04月25日

「鳴門市議会におけるタブレット型端末導入に関する研究会」

今日の午前中、「鳴門市議会におけるタブレット型端末導入に関する研究会」が開かれましたので出席しました。

今日の議題は、2月6日に行われたタブレットを使った研修に関する反省と今後の活動についてでした。それぞれの委員から研修の感想や今後の活動についての意見が出されました。

私としては、主に今後に関して、導入の際にかかる費用や労力の負担の見込みがどうなるのか、また市民に対して、導入することによってどのような説得力のあるメリットを出せるのか、などについて提案しておきました。

私自身は、もうすでに議会資料等においてタブレットを活用していますので、それ自体を否定するものではありませんが、議会全体としての導入については前述のとおり、しっかりと検証する必要はあると考えています。

また、次回の開催までにメリット・デメリットについてをピックアップするよう提案されましたので、それについて私なりの視点から何かしらお示しすることができればと考えています。
posted by kin at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会及び委員会

2017年04月17日

「第67回 議会広報委員会」

きょうの午前中に「第67回 議会広報委員会」が開催されましたので委員長として出席しました。

きょうの議題は、おもに議会広報番組の内容について、ほぼ確定なのですが改めて最終確認と言うことで約20分間の映像を見ました。

その後、各委員に対して意見を求めましたが、副委員長からいくつか要望があっただけで後はなく、私の方からもいくつか確認をさせていただくだけといった、非常に簡単な会となり約40分ほどで終えました。

また、今年2月の会の際に、市政施行70周年を機に提案された特別な取り組みに向けた試行が事務局から提案されたことをこのブログにてお知らせさせていただいておりましたが、今日の会の際に改めて確認したところ、そんな話はなかったという私としては?の回答でしたが、まあなにか変更があったのだろう程度に考え、あえて深くは求めませんでした。

それから、今年の9月に発行される予定の議会広報が記念すべき100号になるということですので、その際には改めてそのことを市民の皆さんにお知らせすることも考えなくてはと思っていますので、また私なりに確認してみたいと思っています。

次回の開催は5月1日の予定です。
posted by kin at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会及び委員会

2017年02月22日

「平成29年第1回定例会」一般質問 登壇

今日の午後、一般質問のため登壇しました。

今回の質問要旨は
1.鳴門市女性こども支援センターについて
 (1)運営について
2.雇用と人事について
 (1)非正規職員の処遇について
 (2)時間外勤務手当について
 (3)職員駐車場について
3.鳴門板野古墳群について
 (1)保存・継承について
の3点でした。

鳴門市女性子供支援センターについては、本来支援に必要な体制に対して、これまでの私の提言を含め、市として十分な対策を講じていなかったことから、相談件数が激減し、あまりにも昨年度と違うレベルとなっていたことから、多くの方がそのことを不安に思われていたことを受け、市に対して改善を求めるべく行ったものでしたが、市の回答は終始驚くほどに不安を感じている皆さんに対して配慮に欠けたものでした。

2つ目の非正規職員の処遇については、昨年9月に臨時的任用職員の方々に対する有給休暇と通勤手当が、これもあまりにも正規職員と比べて低かったことから改善を求めていたものでしたが、これについてはさすがに市もまずいと思ったのか、来年度より100%とまではいきませんが、これまでと比較して改善されることとなったことから、改めて市民の皆さんにお知らせするべく、行ったものでした。また、職員駐車場についても増え続ける残業代についても、早急な改善を求めましたが、これらについての市の答弁は、終始消極的なものばかりでしたので、今後も引き続き改善を求めなくてはと思っています。

3つ目の鳴門・板野古墳群については、昨年国指定の史跡となったことで、これまで保存啓発活動が行われてきた福永家住宅や大代古墳に比べ、池谷地区にある宝憧寺古墳や天河分神社古墳などは、保存活動は地元の皆さんのご協力によりこれまでも行われていましたが、普及啓発活動がほとんどなされていなかったことから、今回の国指定史跡となったことをきっかけに、さらに地元の人や子供たちに知ってもらい、多くの方に知っていただくための活動を行う必要があることから、市に対して提言を行ったものでしたが、市の答弁は前向きなものであったと行く感触でした。

いずれも、今回も市民の皆さんからいただいた意見・ご要望をうけての質問となりましたが、特に鳴門市女性子供支援センターに関する質問については、市民の皆さんにどれほど市の対応がヒドイものかを知っていただくために、是非ともインターネットやケーブルテレビをご覧になっていただければと思います。

また、今回の質問に関するご意見・ご感想をお寄せいただければと思いますので、よろしくお願いします。
posted by kin at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会及び委員会

2017年02月17日

「一般質問考察中」

今日は終日、一般質問の調査・考察に追われました。

久しぶりに集中して臨むことができたような気がしていますが、やはり今年の決意(大げさか?)に沿った行動により、結果的にはよかったのかなと今さらながら感じています。

しつこいですが、かなり集中と言うか、頭の整理を午前中にしていただいたおかげで、その後は意外とすんなり進めることができたような気がしています。でも、時間にして約5時間ほどでしょうか。非常に効率が悪いと言えば悪いのですが、これが今の私の能力でしょう。

その反動か、夜は頭の開放120%というか、申し訳ないのですがほとんど何も考えられない状態で、リラックスするしか他ないほどですが、また明日以降おかげで頑張れそうです。

その他にも、非常に今日は頭の体操ができました。久しぶりにほんの少しレベルアップした気分です。お疲れ様でした。
posted by kin at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会及び委員会

2017年02月16日

「平成29年第1回定例会」一般質問通告締め切り

今日の午前中で、今定例会の一般質問の通告が締め切られました。

その結果、私は来週の2月22日(水)の3人目、午後1時から登壇する予定となりました。

今回の質問要旨は、
1.鳴門市女性こども支援センターについて
 (1)運営について
2.雇用と人事について
 (1)非正規職員の処遇について
 (2)時間外勤務手当について
 (3)職員駐車場について
3.鳴門板野古墳群について
 (1)保存・継承について
の3点です。

今回の質問も多くの市民の皆さんから寄せられた意見・要望を受け行うものですが、登壇当日までしっかりと調査等を行い、市民に寄り添う市営運営となるよう提言を行っていきたいと考えています。

是非とも、皆さんには議場へ傍聴にお越しいただき、またインターネットやケーブルテレビにてご覧になっていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。
posted by kin at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会及び委員会

2017年02月15日

「平成29年第1回定例会」開会

今日の午前中、いよいよ平成29年第1回定例会が開会となりました。

今日の本会議に提出された議案は27件報告1件でした。今定例会は当初予算の審議がありますので、開催日も今日2月15日から来月3月15日までの31日間という長い期間となります。

また休会後には予算決算委員会が開催され、今定例会に上程され委員会負託となった議案について理事者側から説明がありました。

午後からは、全員協議会が開催され、
1.平成29年度組織・機構の見直しについて
2.なると環境プラン推進計画2017(素案)について
3.鳴門市災害廃棄物処理計画(素案)について
4.職員の不祥事について
5.BOAT RACE鳴門 経営戦略アクションプラン2016(素案)について
6.公有水面使用協力費に関する訴訟について
の6議案について理事者側からの説明の後、質疑が行われました。

私としては、そのなかでも特に、4.職員の不祥事についてのうち、保険課職員による事件について、組織として以前にも起こった鳴門市学校給食会の事件や農林水産課の職員による事件などを教訓として、これまでにもうすでに一人で処理操作ができないよう、また一人がお金を扱うことのできないような、そういった仕組みづくりをしておかなくてはならなかったにも関わらず、三度起こってしまったことは組織として問題があることを指摘し、今回の件を受けて一人でそういったことができるような部署が他にないのかを正しました。

しかし、なぜか市は当初それについて今はないということをはっきりと明言しなかったことから、念を押し改めて確認を求めたところ「ない」と明言しました。このことから今後事件が起こった際には一人でやっていたからと言う案件は起こらないはずですが、またぞろ出てきたということになると、今日の市の答弁は嘘だったことになりますから、これはこれで大問題になる可能性が大です。

また、6.公有水面使用協力費に関する訴訟についてですが、企業局側が今回の高裁の判断の理由の一つが、公金を税金と間違って解釈しているため、納得できず上告したと述べましたので、私は公営企業は単独では成り立たず、あくまでも市民の税金で成り立つ地方自治体のもと存在することから、裁判所はそのことをもって納税者が納得しないと判断したことについて念を押しました。

そして、企業局側は高裁の判断に不服とした理由について、いくつかの点を述べたていましたが、その内容の殆どは、すでに前方裁判で最高裁が判断するまでに、また後方裁判においては高裁が判断するまでに陳述および口頭弁論などの際に示しているはずで、裁判所は当たり前にそれらを踏まえたうえでの判断であるはずだと言うことも付け加えておきました。

それから、上告するに至ったのは裁判所が協力金を違法と判断した理由と、昨年4月に鳴門市議会が請求権放棄の議決を行ったことについてこれも違法で無効だと判断されたこと、この2点について争うためだと言うことを確認しておきました。

今後、裁判の行方がどうなるか注目されますが、私的には協力金に関しては前方裁判と同じ結果になる可能性が高いと感じていますし、議会の請求権放棄に対する裁判所の判断も改めて採用される可能性が高いと思っています。

一方で、会計上すでに計上されている請求権の取扱いをどうするのかですが、請求権の放棄が違法と判断された件について、あえて市としてその判断を無視して請求権抹消の処理を行うのか、はたまた上告しながらも放棄が違法と判断されたことを受けて漁協に対して返還請求を行うのか、どちらにしても市民からすれば、市の立場は非常に厳しくなるなと言う印象を持たれる方が多いのではと思います。

市民のためにあるべき行政として、どういった判断をしようとするのか、今後その動向に私としても注視していきたいと思っています。
posted by kin at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会及び委員会

2017年02月10日

「第65回 議会広報委員会」

今日の午前中「議会広報委員会」が開催されましたので、委員長として出席しました。

今日の議題は、主に3月1日発行予定の第98号議会だよりの最終的な確認を行うことを目的としていました。

表紙となる写真の採用や、市政施行70周年を機に提案されたイベント等について審議が行われ、それぞれに各委員から意見が出され、決定がなされました。

私としても、今日の委員会の中で各委員から活発な意見が多数出されたことに、委員会としての意義を感じながら、一つひとつの事項を進めることの難しさも改めて感じさせていただきました。

もっぱら、議会事務局の職員の皆さんには、様々な観点からのご苦労をさせてしまっていることも感じることもあることから、議会活動を市民の皆さんにお知らせするという重責を感じながら本当に丁寧に進めなくてはと思っているところです。

是非とも皆さんには、それぞれの思いのこもった議会だより98号をご覧になっていただければと思いますので、よろしくお願いします。
posted by kin at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会及び委員会

2017年02月06日

「タブレット型端末に関する研修会」

選挙に関する全員協議会ののち、「タブレット型端末に関する研修会」が開催されましたので参加してきました。

今回はNTTドコモの皆さんが体験のためのタブレットを用意してくださり、非常に丁寧に一つひとつの操作についてを解説、教えていだきました。

普段、なかなか触る機会のない、そして電子機器に苦手意識を持っている議員の皆さんには、非常に良い機会となったのではと思っています。

私も、普段はほとんど触れることのない、iPadであったことから、少しワクワクしながら操作をしていましたが、終始楽しく参加させていただきました。

今後の導入に向けた検討については、いくつかのクリアしなくてはならない課題があるため、なかなか実現が見えるまでには及ばないと思いますが、利便性よりも様々な方面への負担についてを一番に配慮しなくてはならないのではと思っています。

私としても、電子機器に触れる機会が他の議員よりも多いと思われることから、わかる範囲でお知らせすることができればと考えています。

今日は、ありがとうございました。
posted by kin at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会及び委員会

2017年02月03日

「第64回 議会広報委員会」

今日の午前中、「第64回 議会広報委員会」が開催されましたので委員長として出席しました。

先月18日に開催された前回の議会広報委員会には、研修のため欠席しましたが、その際の決定事項をもとに、今日も議会だよりの紙面等について活発な意見が交わされました。

委員各位がより良い紙面へと言う思いを共有していることの表れだと思いますし、私としても市民に分かりやすく見やすい丁寧な紙面づくりを心掛けていますので、非常に今回は実りある会となったのではと思っています。

今年は市政施行70周年ということもあり、特別な取り組みに向けた試行が提案され、それに関する意見なども議会運営をより知っていただく機会とするために多様な提案がなされ、こちらも非常に内容の濃いものとなりました。

今日は、皆さんお疲れ様でした。
posted by kin at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会及び委員会

2016年12月28日

「第62回 議会広報委員会」

今日の午前中に「議会広報委員会」が開催されましたので出席しました。今回は、新しい委員会構成となったのちに、議会広報委員会として正副委員長が選出されてから初めての開催となりました。

私としては、委員長として久しぶりの出席でしたが、議会広報番組についても、また議会だよりについても、まだほとんどがイメージ的なものばかりでしたので、各委員からも殆ど意見がなかったこともあり、淡々と進められる進行に対して、私なりに気づいた点や提言をこれまで同様に行いました。

次回は、来年1月18日の開催予定となりました。私はその週に市外研修に行く予定が入っていることから出席できませんが、その後の進め方等を含めのちに確認を行い、2月開催予定の際の参考にと考えています。
posted by kin at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会及び委員会

2016年12月22日

「平成28年 第4回定例会」閉会

今日は終日、閉会日を向けた「平成28年 第4回定例会」が行われました。

まずは、正副議長の辞任に伴う新たな正副議長を選出する選挙が行われました。今回も議長選でも僅差で、そして副議長選ではくじ引きで選出されました。これはこれまで同様に、議会内部での勢力争いが続いていることを示しているかのようでした。

私としては、あくまでも市民の思い・願いを少しでも議会や市政に反映させることを最優先にと、今回もその判断を行いましたが、議会全体としてはどれほど市民のためにその役割を果たすことができるのか、今後に懸かっているとも言えます。

また、その後各常任委員会の委員による正副委員長の選出や監査委員の選出などが行われましたが、ここでも総務文教、生活福祉、産業建設、予算決算の各正副委員長の選出は選挙によるという、異例?な進行でそれぞれ選出されました。

私は、今回は生活福祉委員会の委員となりました。来年はいよいよ改選の年となります。今一度原点に戻る意味でも、めまぐるしく変わる福祉政策についても、改めて考察しながら審議する必要があると考えたからですが、その役割をしっかりと果たしていかなくてはと思っています。

また、議会終了後には、今回2年ぶりとなる議会広報委員会の委員となったことから、正副委員長を選出する最初の会が開催されましたので出席しました。結果として、今回2度目となる議会広報委員長となりました。この1年、しっかりと市民により議会のことを知っていただくための、より良い紙面作りに、そしてテレビ広報とするために努力していかなくてはと思っています。

議会としては、来年も様々な点において、市民に対して?と思われるような出来事が出てくるような予感もしていますし、先ほども言った改選の年ともなることから、そういった意味でも困惑の年となりかねません。しかし、そこはしっかりと地に足をつけ、市民の思いに沿った進め方をするよう私なりに導いていければと考えています。
posted by kin at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会及び委員会

2016年12月19日

「平成28年 第4回定例会」採決

今日は、「平成28年 第4回定例会」に提出されていた議案・請願に対する採決が行われました。

私は農業委員会に関する議案2件と、連絡所で行っていた業務を一部郵便局へと委託する議案、そして新学校給食センターに関する議案2件の合わせて5件に対する反対討論を、そして「請願第19号臨時国会でTPP協定を批准しないことを求める請願書」にあえて賛成の立場で討論を行いました。

その理由を簡略化して示しますと、農業委員会に関連した議案については、本来の農業委員会としての役割、またその独立性や農業者全体の意志の確保が担保されない懸念から、そして連絡所業務の一部郵便局への委託に関しては、人口減少が著しい地域においては、さらなる過疎化や個人情報の取り扱いへの懸念から、そして新学校給食センターについては、子供たちの食に関する関りにおいてはあくまでも自校方式が望まれていることや、その建設場所が安心・安全面での懸念が払しょくできないことなどからです。

また請願については、提出された第3回定例会の産業建設委員会の審査日においては、臨時国会の会期末が11月30日であったことから、その第3回定例会において賛否を明らかにしなくては、請願書自体が意味をなくし請願者の思いを無にしてしまうことが明らかであったにも拘らず、そのことを知ってか知らずか(そのいずれにせよ、委員としてはいかがなものかと思いますが)、なんと第4回定例会へと継続にしてしまいました。

これについて、私自身はとんでもないことだと思いましたので、あえて市民の皆さんにそれら委員の請願に対する姿勢の在り方を知っていただくために、討論を行いました。TPPに不安を持たれている多くの市民の皆さんからすれば、今回のこの委員の請願に対する扱いはどう感じられたんでしょうか。本当に残念です。
posted by kin at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会及び委員会

2016年12月16日

「平成28年 第4回定例会」全員協議会

今日の午前中、19日の本会議を迎えるにあたっての全員協議会が開かれました。

今定例会に上程された議案に対する各常任委員会の審査報告がなされた後、産業建設委員会において報告がされた汚水処理構想についての質疑が行われました。

思った以上にその時間が費やされた割には、内容的には構想とそれに伴う事業とのすみ分けが十分理解されていないかのような質疑がほとんどを占め、さらには自らの思いだけをひたすら述べる議員もいるなど、そもそものレベルとなっていたように思えました。

私としては、十分に事前の確認ができていなかったこともあり、基本的な蓄積と予想設定に関する質疑を行っただけでしたが、今後の審議の基礎データぐらいにはなったのかなと思っています。

また、市長からこれに関した条例化を考えていることが示されましたが、その際に議員による条例提案についての要望も併せて示されました。これについては、さすがに市としてその将来的不安にやっと気付き、鬼気迫る状況となったのかと感じましたが、これら懸念については、市民を交えた収支バランスをしっかりと議論する機会を設けるべきと、私としてもこれまでにすでに行く度となく提言してきていました。

市として備える基本的データをもとに、市民を交えながら議員との議論を進めることが、今となってはベターな選択となってしまったかと思われるこの時期に、遅まきながら市長からそのような思いが示されたことは、私としても幾分評価したいとは思いますが、今後基礎データや市の進めかたによっては、結局元の木阿弥となる危険性もあります。

私としても、今回の鳴門市における大幅な見直しについて、しっかりと調査・研究を行い、今後の進め方に対して、引き続き提言を行っていきたいと考えています。
posted by kin at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会及び委員会

2016年12月12日

「平成28年 第4回定例会」生活福祉委員会

今日、「平成28年 第4回定例会」生活福祉委員会が開催されましたので傍聴に行ってきました。

今回は、ちょうど1年前の平成27年第4回定例会に提出されました請願2件が約1年にもわたって継続審議となっていたことから、今定例会で5度目の審議となりました。

結果は2件とも、またもや継続審議となってしまいました。委員からもあまりにも無責任という意見が出されたほどで、いつまで勉強するのかと私も思いましたが、どうやらこのひたすら継続にする委員の思惑が少し垣間見えたような気もしています。

実は、これら請願の審査についても、採決結果が各議員ごとに示されるようになり、それが年4回発行の議会広報に掲載されることとなったことから、これまで請願の内容にかかわりなく反対してきた議員(ほぼ同一人物)にすれば、さすがにそれはまずいということで、ひたすら継続にしておけば賛否について掲載されることがないから、というのが事の真相らしいということのようです。

今後も、これらについてしっかりとした判断のもと、議会広報に掲載されるかを市民の皆さんには、ぜひともご確認いただきたいと思いますが、これもまた議会が本来の役割を果たすことなどできない、その理由の一つということが露呈してしまった、そんな残念な機会となりました。

これでは、市民のためにあるべき市議会というべきことを、胸を張って示すことなど、いつまでたってもできないはずです。それに対する反省と気づきは、やはり市民の皆さんに、その実態を知っていただく必要があるようです。私としても、できうる限り機会を設けて、市民の皆さんにお知らせしていきたいと思います。
posted by kin at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会及び委員会

2016年12月09日

「平成28年 第4回定例会」総務文教委員会

今日、私が委員となっている総務文教員会が開かれました。

今回提出された議案のうち、総務文教員会に付託された議案は4件でした。私として、いずれもその議案に直接的な部分はもちろん、少し広義な感覚で担当課に対して、意見・要望、提言を行いました。

その後、所得税法第 56 条の廃止を求める請願の審査が行われました。これについては、今の時代における個人事業者の家族の関りが多様化していることなどから、もはや時代に合わないこと、そして国税庁のHPにおいて税務大学校の教官さえもが、その存在を疑問視しているレベルで、鳴門市においても白色申告をしている方々の本来認められるべき権利が阻害されていることから、一刻も早い廃止が求められるとして、今回提出されました。

私としても、どう考えても反対などする理由が見つからないことから、当然に賛同する意思を示しました。しかし、3人の委員からもう少し研究する必要があるということで継続の意思が示されてしまいました。何としても賛同することを避けたかったのか、非常に苦しい言い訳のように私には聞こえましたが、請願内容によらず、違った思惑のもとで市民の皆さんの切なる思いに応えようとしないその姿勢は非常に残念でした。結果、委員長さえもが継続の意思を示す始末で、他の賛同された委員からも呆れたという声が聞こえてきましたが、今の議会の一部の議員のこういった姿勢では、市民のためにあるべき議会としての役割など果たせるわけなどありません。

そして、午後からはいくつかの計画や実績報告に基づく審議が行われましたが、今更ながら殆ど質疑を行わない委員がいたことにも、改めてどうかと思いましたが、これも同じレベルなのか、重なるというか、同様に市民のためにあるべき姿とは到底思えません。

何を主体に考え、動くのかによって、これほどまでに極端に偏るのかということを、如実に表してしまった、今日に委員会ではなかったかと思います。
posted by kin at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会及び委員会

2016年12月08日

「平成28年度 第4回定例会」予算決算委員会 質疑&採決

今日の午後、今定例会に提出されていました、一般会計などの補正予算の質疑とその後に採決が行われました。

私は今回の補正予算のうち、いくつかの事業において、市民にとってどうあるべきかや、今後の鳴門市の行末を考えたときに、プラスにならないという判断をしましたので、それに沿った質疑及び採決への判断を行いました。

また、その午前は一般質問ののちに、今定例会に追加で4議案が提出されました。これら議案については、明日の総務文教委員会にて審議することとなります。今週は非常にタイトなスケジュールに加え、生活相談が断続的に入ってきていることもあり、さらに厳しい週となっています。

とは言え、閉会日まで市民の立場に立った判断を、私なりにしっかりと果たしていきたいと思っています。
posted by kin at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会及び委員会

2016年12月07日

「平成28年 第4回定例会」一般質問登壇

今日の午前中、今回は個人質問のトップバッターとして登壇しました。

今回の質問要旨は、先日もお知らせした増した通り、
1.国民健康保険について
 (1)加入者負担について
2.市民の安心・安全について
 (1)住宅の改修・改善への支援について
3.子育て支援について
 (1)子どもの医療費助成度について
 (2)児童クラブについて
の3点です。

今回の質問については、それまでにこれまで以上になかなか作文に取り掛かることができなかったこともあり、私としては若干不本意な点がいくつかあったように感じていますが、市として市民のためにどうあるべきかについては、しっかりと問うことができたのではと思っています。

そして、今回は前回の定例会において、その実現を強く求めていました、子供の医療費助成制度の中学校卒業までの拡充と、林崎児童クラブの施設整備についてが、来年度実現することが決まったことはこれまでその実現を強く願っていた多くの保護者の皆さんや関係者の皆さんから喜びのお声をいただいたことは、私としてもお役に立てたのかなと素直に喜んでいます。

今後も引き続き、皆さんの思いや要望を市政へと反映させていくよう、私として精いっぱい取り組んでいきたいと思います。
posted by kin at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会及び委員会

2016年12月02日

「一般質問 考察中!?」

今日は終日、来週7日登壇予定の一般質問考察に悩まされていました。

今回は、先日もお知らせしたとおり、これまでのなかでも最大規模で頭の整理ができていないレベルとなっており、一気に1000文字ほど打った後に、その殆どを消去すると言った、自らも感心するほどの「365歩のマーチ」状態でした。

しかし、今回の質問要旨においては、これもここ最近では珍しく、短期間での学習能力が異様に機能したのか、自分でも驚くほど理解度が進んだような、そんな勘違いをするほどの集中力でした。

もちろん、一般質問の内容的には、残念ながら?という段階で、ここ数日が非常にタイトな神経戦となることが予想されますが、非常に前向きな気分にさせてくれる出来事がいくつか起こったせいで、根拠のない安定感が私のなかでは漂っています。

一般質問の当日には、私自身は楽しみながらも、市民の皆さんの切なる思いをしっかりと受け止め、その実現に向けた、そんな内容とすることができるのではと思っていますし、今年最後の定例会での一般質問としては、例年になくスムーズなものとなることを確信しています。
posted by kin at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会及び委員会

2016年12月01日

「平成28年 第4回定例会」一般質問登壇日決定

今日の午前中に一般質問の通告が締め切られ、その結果今定例会の私の一般質問の登壇日が決定しました。

登壇日は来週7日の個人質問1日目の1番目、つまりは一般質問2日目のトップバッターとなりました。

質問要旨は、
1.国民健康保険について
 (1)加入者負担について
2.市民の安心・安全について
 (1)住宅の改修・改善への支援について
3.子育て支援について
 (1)子どもの医療費助成度について
 (2)児童クラブについて
の3点です。

いずれも、これまで同様に多くの市民の皆さんからのご要望を受けたものばかりですので、できうる限りその声にお応えできるような質問としていきたいと思っています。

是非とも、議会への傍聴に来ていただければと思いますので、よろしくお願いします。
posted by kin at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会及び委員会
ブログランキング・にほんブログ村へ