2017年01月27日

「林崎小学校 訪問」平成29年1月編

今日は、昨年に引き続き4回目となる林崎小学校への訪問をさせていただきました。

今回もこれまで同様に、子供たちに対する教育の現状を私なりに把握するための訪問でしたが、改めて様々な点において皆さんのご苦労を知ることもできました。

もちろん、保護者の皆さんとの思いについては、なかなか多くを共有するには至らないと思いますが、それらについては、私としても今後引き続き慎重に、そして確実に前に進めることができるよう、取り組んでいきたいと考えています。

ただ、学校単独、市単独では具体的な対策に限界があることもあることから、これまでにも保護者の方の思いに至ることがまだまだできていないことも現実ですから、私としてもう少しこれまでとは違った形での関わりと言うことも考えなくてはと思っているところです。

これまでご相談いただいている保護者の方にはその点、申し訳ないと言う思いも正直あります。そこは、お話の中でご理解いただきながらも、私なりの思いを感じていただけるよう努めていきたいと思っています。
posted by kin at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連施設

2016年12月15日

「鳴門市第一中学校改築工事」視察

今日の午前中、以前より見ておかなくてはと思いながらも、天候やスケジュールの関係でなかなか実現することができなかった「鳴門市第一中学校改築工事」の視察に行ってきました。

2016年12月15日 鳴門市第一中学校校舎建替工事視察


とは言っても、メインは工事中の給食室の状況を把握することが目的でしたので、本来であれば夏の暑い時期や工事による埃の状況が分かる時期に訪問するべきだったことから、時期的にはかなりずれてしまいましたが、それでも一度は確認しておかなくてはという思いから、今回の視察となりました。

さらには、行った時間帯が給食時間の前で調理員さんが一番忙しい時間帯でなかったことなどから、殆ど当初の目的を果たすことができないという有様でしたが、周辺を歩きながらいろいろと教えていただけたことは唯一の収穫でした。ありがとうございました。今後は、今回のことを反省しながら、来年度また一区切りの時期に訪問させていただきたいと考えています。

2016年12月15日 鳴門市第一中学校校舎建替工事視察


しかし、周辺を実際に回ってみると、以前に図面上で見た感覚とはかなり違い、建物の形状やデザイン、そして工事の状況など、多くの部分でやはり実際に訪れてみないと分からないなと改めて感じました。また、南側の校舎はすでにほぼ完成しており、生徒の皆さんも使っているとのことで、そちらを拝見することは控えましたが、全体の完成までにまだ相当の期間がかかることから、生徒の皆さんの移動が大変ということも教えていただきました。

2016年12月15日 鳴門市第一中学校校舎建替工事視察


さらには、写真にあるとおり、北側にできる予定の普通教室が現在工事中で、この普通教室の完成は来年の夏ごろらしく、その前後においてもさらに生徒の皆さんの移動が大変になるとのことでした。

2016年12月15日 鳴門市第一中学校校舎建替工事視察


また、私としても時々北側の道路を気にしながら通るようにしていますが、北側出口の付近では少し前までは、特に風の強い日にかなり砂埃が舞い、ご近所の家などにも影響があったように思われます。これについては、後日私なりに確認したいとは思いますが、工事中はもちろん、完成後も周辺の住民の皆さんに何らかの影響がないのかについては、機会あるごとに知る必要があると思っています。

今回の視察は、時期的にはかなり的外れにはなりましたが、いろいろな点においては気づくことのできた機会となったのではと思っています。
posted by kin at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連施設

2016年09月08日

「林崎小学校 訪問」平成28年9月編

今日、今年度5月、7月に続き3回目となる林崎小学校訪問となりました。

今回の訪問も、これまで2回の訪問同様にいろいろとご相談を受けていたことを踏まえてということですが、一昨日に保護者の方の支援に対するご意見やご要望をいただいていましたので、それも併せての現状確認をすることとしました。

この件については、非常に長い年月にわたる思いと支援体制とのギャップに悩まれてきた保護者の方の切実なご相談にどのように私なりにお役に立てるのか、をずっと考えてきているのですが、なかなか簡単なことではありません。

しかしながら、重要なのはまずはそれぞれの情報共有と意思の疎通の再確認でしょうか。もちろん、それらをクリアしたからと言って、その後が安易に進むとは考えられませんが、それだからこそ、そこをまずは少しでも前進させないとなかなか目に見える対応とすることは難しいのではと思っています。

結局は子供たちにとってどうであるのか、どうあるべきなのかを最優先に考えることは当たり前で、そのことだけは少なくとも全員が共有し意思の疎通ができているはずなのですが、本当に難しいとしか言いようがありません。

今日の機会を私なりに今後に活かせるよう精いっぱいお手伝いができればと考えています。ただ、今日は子供たちの笑顔と元気な声に私も元気をいただき、とってもいい日となりました。ありがとうございました。
posted by kin at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連施設

2016年05月24日

「林崎小学校 訪問」平成28年5月編

今日の午前中から午後にかけて、これまでいろいろとご相談を受けていたことを踏まえ、改めて現状を知るためにご無理をお願いして訪問させていただきました。

特にいくつかの点において、これまでの私の意識と実際の変化とのギャップを埋めるためが主な目的でしたが、おかげで今日の機会にある程度クリアできたのではと思っています。

また、それぞれ立場立場において、非常に厳しい環境のなか、懸命に頑張っていただいている皆さんの姿を拝見して、私としてもさらに前に進めるためにと言う思いになりました。

ありがとうございました。
posted by kin at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連施設

2015年11月18日

「平成27年度第3回鳴門市水道事業審議会」

今日の午後、水道会館3階の第1会議室において「平成27年度第3回鳴門市水道事業審議会」が開催されることとなっていましたので傍聴に行ってきました。

時間にして約1時間半強、内容的にはこれまで行われた2回の審議での各委員からの意見・要望や市の加筆・修正が行われたものが「案」として資料提出されました。

内容的には、これと言って指摘することもなく、各資料に基づいた各委員からのさらなる意見・要望がほとんどでしたが、私は今回初めての傍聴であったこともあり、鳴門市の水道事業ビジョンでありながらも、殆ど飲み水に関しての議論・内容なのかな?という印象を持ちました。

それを受けてなのか、将来的に予想されている人口減少などに伴い、また布設整備などの費用がかさむことからそういった発想に単純至るのかなと思いましたが、そもそも論からして考えれば、利用者が少なくなることと、整備にお金がかかるから利用料金の値上げに考えが至るのは、あまりにも短絡的と言うか、結果ありきなのかなとも感じました。

市自らが大幅な人口減少を予想してしまっていることから、将来的な市の自主的財政収入が残念ながら大幅に減になることも単純に予想できますが、ある委員からは他の鳴門市が掲げる計画との整合性やそれら計画によるプラスマイナスの変化にフレキシブルに対応できる、そういったものとするべきでは?というご意見が出されていましたが、まさにその通りだと思わずうなずいてしまいました。

私としては、市民などが水道水の水を生活のすべてに使うことが当たり前だった時代へとフィードバックする発想にどうしてならないのか、そのことで今の課題やこれから進むべき方向性が見えてくるのではと思うのですが、それらに関するデータも分析も今日の資料にはほとんどなかったことから(これまでの審議会の資料としても提出されたのかもしれませんが)、今一度原点に戻る必要があるのではと思いました。

それらに関しては、今日の各委員の方々からの意見・要望のなかにもヒントはあったと私なりには感じたのですが、はたして市側としてはそれを感じることができたのでしょうか。

少なくとも、水の需要と供給、そして現実とのギャップに対して、見えているようで見えない資料では、各委員からの意見も限られたものとならざるを得ないのではと思います。それでは、50年、100年どころか、100年安心年金ではないですが、根拠のない安心感のせいで後世に遺恨を残すことにならないかと心配になります。

これまでの一般質問でも何度も言っていますが、今こそ鳴門市全体の知識と経験を結集し、知恵を働かす時が来ているのではないでしょうか。今日の私の素直な感想でした。
posted by kin at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連施設

2015年09月07日

「鳴門市クリーンセンター視察」

今日の午前中、徳島市議会議員の塀元さんの依頼で、鳴門市クリーンセンターの視察に同行しました。

今回の視察は今、佐那河内村で問題になっている、ごみ焼却場建設に関してを質問をされるということで、事前に鳴門市の状況を見ておきたいということで依頼されましたので、担当課にお願いして訪問することとなりました。

時間にすれば1時間余りではなかったかなと思いますが、少しでもお役に立てればと言う思いで、同行させていただきました。私としてはこれまでにも何度もクリーンセンターには訪れていますので、ある程度の見識はあるのですが、しばらくぶりに訪れるとそれはそれで収穫はあるものですね。

そういった意味では、今回の訪問は良い機会となりました。
posted by kin at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連施設

2014年11月27日

「旧ドイツ館 解体撤去」

今日、フェイスブックにて旧ドイツ館が解体撤去されたことを知りました。

このことはフェイスブックにおいても書き記しておきましたので、それを引用してこのブログでも示しておきたいと思います。

旧ドイツ館


「旧ドイツ館、解体撤去される。

今日、旧ドイツ館の解体撤去に関してのお問い合わせをいただきましたので、担当課に確認をしてみました。

この件に関しては私も全く知らず、議会のなかでも9月の担当委員会である総務文教委員会(私は産業建設委員会所属です)において、市からの簡単な説明があったのみらしく、その委員会委員か傍聴者、そして議長、地元の議員2名でないと知る由もない、そんな扱いのようでした。

鳴門市の中でも非常に文化・交流的価値のある建築物であることから、非常にもったいないというか、これまでの保護についての取り組みが改めて問われる機会となってしまいました。

ちなみの旧ドイツ館のこれまでの経緯を示してみますと、この旧ドイツ館は1972年にドイツから寄付金や資料を受け建設されたということで、その2年後にリューネブルク市との姉妹都市が実現。そのきっかけとなったのは、これまでの坂東の人々と元俘虜たちの交流は言うまでもありませんが、それに加えて両都市ともが「塩」づくりを基礎に発展した都市ということかららしいです。

当時の木骨造式のその旧ドイツ館周辺には数多くの桜の木があり、リューネブルク市との姉妹都市交流の原点となり、日独交流のより所、また元捕虜たちをもてなす場となったそうです。

改めてこれまでの歴史を振り返ると、余計に鳴門市としての文化的財産の解体撤去が非常に惜しまれます。現職の議員としてはその存続に力を尽くせなかったことに非常に無念さが残りました。」

当時、寄付をいただいたドイツの方々をはじめとする皆さんに、本当に申し訳ないと思う次第です。
posted by kin at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連施設

2014年09月30日

「林崎小学校へ」

今日の夕方に林崎小学校へ設備・備品状況の確認にお邪魔しました。

今回の訪問は市民の方からのご依頼を受けたものでしたが、他校の状況自体を私自身が十分認識できていなかったにもかかわらず、その劣化ぶりに正直驚きました。

できれば早急に対応することが求められるほどのレベルでしたので、担当課には強く要望しておきました。また、それ以外の件に関しても私なりに感じたところやご要望をいただいたことなどがありましたので、これから少しでも前に進むことのできるよう取り組んでいきたいと思っています。

ここしばらく、新しいことや目立つことに目を奪われがちではと感じて、私としては幾分不穏に思うことも多かったのですが、今日はそういったことよりも基本的な部分での充実を図ることが、まずは子供たちの環境づくりには必要なんだなと感じる機会となり、少し全体としての修正が求められるのかなと思いました。

そういったことから、今回もやはり現場を見て知ることの大切さを感じることができました。
posted by kin at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連施設

2014年07月02日

「クリーンセンターにて」

今日の午前中、クリーンセンターにお邪魔してこれまでの施設運営などについて経過やデータなどを含め意見交換なりをさせていただきました。

時間にして今日は約3時間ほど、非常にこれまでにないほどの内容の濃い機会となり、私としてもあわよくば定期的にこういった機会をと思ってしまうほどのものとなりました。

改めてこれまでに私が知り得ている情報や法令関連の確認もでき、また新たな疑問や課題を見つけることもできましたのでそう感じたのかもしれませんが、一つ一つを丁寧に知りそれらのデータや解析を蓄積することで、より市民にとっての運営をすることができるんだなとも感じることができました。

人間ですから、時がたてば忘れてしまうことも多々あり、気づかないことや気づかされないことについても、意外と時の過ぎ行くままにと言う感覚に陥るところなのですが、本質をしっかりと捉えそれを活かすことを忘れずにいることは特に議員としての役割ではないのかと教えてもらった今日の機会となりました。

今後もしっかりとこれらの課題については私なりに忘れることなく、またさらに深めながらも取り組んでいきたいと思います。
posted by kin at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連施設

2014年06月04日

「鳴門市堀江北幼稚園」訪問

今日の午後、「鳴門市堀江北幼稚園」を訪問させていただきました。

今回の訪問は、明日開会される平成26年第2回定例会において、先月研修会にも参加した子ども・子育て新制度に関連した一般質問を行う予定としていることから、幼稚園の立場から今現在の状況や今後についてを知るために無理をお願いして時間をとっていただきました。

この子ども・子育て新制度に関しては、一昨年8月に制定されたことから来年度4月からの施行予定のために、市として条例制定や保育料および環境整備など様々な準備を非常にタイトなスケジュールのもと行っているわけですが、将来にわたって幼稚園・保育所双方にかなりの影響を与えることとなると考えられることから急きょ訪問することとしたわけです。

この新制度はかなり難解な制度でありながら非常にあいまいな部分が多く、また法的効果と内閣府の取り扱いに関する考えにも矛盾がみられるなど、これまでにもいろいろな団体や専門家からもそれら問題点などに関して指摘されています。

そんな未完成ともいえる?制度に沿って、国からの指針に基づいて市として条例策定や保育の質・量を等しく子どもたちに対して確保するというかなりの責任の重い作業を強いられているわけですが、私としても単純に間に合わせ的な予定調和にならないようにしっかりと指摘・提言を行わなくてはと思っています。

今日は、お忙しいなかでも丁寧に対応していただき、申し訳ありませんと言う気持ちと少しでも子供たちのためにと言う思いでお話を聞かせていただきました。本当にありがとうございました。
posted by kin at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連施設

2013年09月09日

「なると物産館」で美味しいもの発見!

先日フェイスブックではお知らせしましたが、とっても美味しいお酒の当て?を見つけましたので、今日はブログでも紹介しておきたいと思います。

それは、なると物産館で販売されている「倭のそうめんチップス」です!
なると物産館で販売されている「倭のそうめんチップス」


先日来、その美味しさにはまり、これまでにも幾度となく購入しているのですが、先日は奥さんと子供にと思って2袋購入してはみたものの結局私がほとんど食してしまい、2人から大ブーイングを受けてしまいましたので、今日三度購入するためになると物産館を訪れました。

行ってみますと、なんと!?丁度業者の方が納品をされているところでして、もう少し早く来てしまっていれば、買いそびれるというタイミングでした。県西部からわざわざ納品に来られるということで、入荷のタイミングによっては店頭にないことが考えられましたので、思い切って1箱購入しました。

まあ、これで家族には怒られずに済みそうかな?とは思うのですが、家族に会うまでに残っているかがまた問題となりそうです…。明日一般質問を迎えるというのに、こんなことをしていていいのか?とも良心の呵責に苛まれながら、少しうれしい気分になっている私でした。

皆さんも機会があれば是非!購入してみてください。少しピリッとしますが、そのパリパリとした食感が何とも言えず、ついつい食べ過ぎてしまうかもしれません。とにかくお酒のつまみにはぴったりですね。

皆さん、ぜひとも「なると物産館」へ行ってみてください!
posted by kin at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連施設

2013年08月01日

本日「鳴門市うずしお観光協会&うずしお物産館」がうずしお会館に正式オープン!

これまでにも何度もその改装中にこの場所を訪れてはいましたが、今日の夕方気持ち新たに施設の中へと足を運んでみました!

残念ながら、ひとしお喜びと興奮に浸っていたせいか、写真を撮ることを忘れてしまいましたので掲載することができませんが、このブログを見ていただいた方々には、やはりぜひとも訪れていただきたいとお願いしておきます。

明るく、そして開放的、さらにはそこで頑張っている皆さんの熱意を感じることができる、そんな空間となっています。ここ、うずしお物産館の一押しアイスがレンコンのチップが入ったレンコンアイスと言うことを教えていただきましたので、早速購入してその美味を味わってみました。

甘すぎず、レンコンの食感がしっかりと感じられながらも、少しぜいたくな気分にもさせてくれる、そんなアイスでした。一度お試しいただければ、その美味しさを味わっていただけること間違いなしです。

鳴門市うずしお観光協会のスペースも明るく開放的で、来られた方々にも優しい施設となっていますので、多くの方にご利用いただくことで、鳴門でのひとときをさらに満喫していただけると思います。
posted by kin at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連施設

2013年07月30日

『鳴門市うずしお観光協会がいよいよ「うずしお会館」へ移転』

今日の午前中、いよいよ鳴門市うずしお観光協会が「うずしお会館」へ移転間近となっていることを受け、訪れてみました。

鳴門市うずしお観光協会うずしお会館へ移転
鳴門市うずしお観光協会うずしお会館へ移転2
鳴門市うずしお観光協会うずしお会館へ移転3


天井のライトがLEDになっていることもあるのか、とっても明るく開放的な雰囲気になっていることになんだか嬉しくなって何枚も写真を撮ってしまいました。ここには鳴門市うずしお観光協会とうずしお物産館が併設されることとなっているため、観光案内と物販が同じスペースに構えられています。

鳴門市うずしお観光協会うずしお会館へ移転4

鳴門市うずしお観光協会うずしお会館へ移転5
鳴門市うずしお観光協会うずしお会館へ移転6


物販もこれまでよりも商品群が増えるらしく、何でも鳴門市以外のお土産も買えるように特別にコーナーを設けているそうです。実際に商品の展示や本格的な営業は8月からとなる予定ということもあり、訪れた時にはまだ商品の展示などが行われていました。

忙しい中、私の質問などにいろいろと答えていただくなど、大変迷惑ではなかったかなと後で気づくというお粗末さに自分でも呆れるほどでしたが、これからの意気ごみと多少の不安を私も含め感じられているのではとも思ってしまいました。

まだまだ気づかない部分や見えない部分でいろいろと尽くさなくてはならないことが今後いろいろと求められてくるとは想像していますが、とにかく一歩前に進む今回を一つの好機ととらえて懸命に取り組んでいただきたいと願うばかりです。

もちろん、私としてもそれをしっかりと下支えできるよう、こまめな情報収集と提案型の周辺整備を行うよう全力で頑張りたいと思っています。
posted by kin at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連施設

2013年05月03日

「鳴門公園散策」

今日の最後にしばらく訪れていなかった「鳴門公園」へと足を延ばしてみました。

鳴門公園散策


これも私としては恥ずかしながら知らなかったのですが、渦の道(千畳敷)まで無料シャトルバスが運行されており、試しにのってみると意外と快適に鳴門公園まで行けることを体験しました。

鳴門公園散策2
鳴門公園散策3


到着するとすぐに目についたのが観光客の多さ、もちろん昔と比べると雲泥の差というのは変わりありませんが、それでも私が想像していた以上に多かったというのが正直な感想でした。

その後、千畳敷展望台から渦の道を歩き、続けてお茶園展望台と大鳴門橋架橋記念館エディを見に行きました。改めて瀬戸内海国立公園としての鳴門の意義を感じてしまいました。

約2時間の散策でしたが、今回の経験はこれまでに感じたこと以上に得るものの多かった機会となりました。この感覚を観光客の方々にどういった形で感じていただくのか、本当に深い、そして責任ある試みが早急に求められることを痛感もしました。

今日一日、鳴門市としての観光地・行楽地を急ぎ足で駆け回ってみましたが、課題の大きさと深刻さをまざまざと見せつけられ、議員としての立場でどう取り組むべきか、どう市政にアドバイスすべきか、少しづつ確実に実現できるよう全力で向かっていきたいと思います。

鳴門公園散策4


ちなみに先日新聞で報道されていました、エスカヒル近くのトイレがきれいに改装されたのを確認してきました。観光客の方にも快適に利用していただけるものとなっていました。嬉しいですね!
posted by kin at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連施設

「鳴門ウチノ海総合公園」

これまでゴールデンウィーク中に、鳴門ウチノ海総合公園にはあまり行ったことがなかったので、後半初日の今日にいったいどれだけの人が来られているのか確認するために訪れてみました。

鳴門ウチノ海総合公園にて
鳴門ウチノ海総合公園にて2
鳴門ウチノ海総合公園にて3


行ってみてまず驚いたのが、何かのイベントが行われているのかと勘違いするほどに公園東側一角に多くのかたで賑わっていることでした。近くによってみてすぐにわかりましたが、なんとバーベキューをするグループの多いこと多いこと…。

それ以外の遊びスペースでも大勢の家族連れで賑わっており、車も県外ナンバーが意外と多いことにも驚きました。

それと新しい発見!?なんと今更なんですが、釣りを楽しむ方が「釣り屋形」にのって釣りを楽しまれている光景を私としては初めて見たような気がして、とても新鮮な感覚にもなりました。

やっぱりいろいろと行ってみるもんですね…、いろいろな角度から鳴門を検証するときに、とても重要な機会となることを改めて感じました。知らないと知るではこれほどに違うものかということですよね。
posted by kin at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連施設

2013年04月24日

「大塚スポーツパーク内の遊技施設」

今日の午後、昨日にご相談いただいた件もあって大塚スポーツパーク内の遊技施設を見に行ってきました。

大塚スポーツパーク内の遊技施設


大塚スポーツパーク自体へは私としても何度も訪れてはいますし、その中にある子供たちが遊べる遊技施設がその中に設置されていることについても知ってはいたものの、その周辺に日本庭園があることなど、これまでほとんどその詳細について知りえることなく通り過ぎていたことについて、改めてそれら存在に気づかせていただいたような気もしています。

今回はそういった気になっていた部分について利用できるようになっていたことも確認できましたし、それを含めた全体を歩き知る機会にもなったことをこのブログで報告できることも、私にとってはその機会を与えていただいた方に感謝しなくてはと思っています。

ありがとうございました。
posted by kin at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連施設

2012年08月16日

「保育所からみた就学前教育のあり方について」

今日の午後、保育所と幼稚園をそれぞれに訪問させていただきました。というのも、先日議員用のレターケースに「保育所からみた就学前教育のあり方について」という報告書が寄せられていまして、それを読ませていただいて、私なりにもう少し知りたいなと思ったためです。

その報告書には、主に保育所の立場からみた保育所と幼稚園の今後のあり方について、現状の課題やその方向性など、保育所に直接的に携わる方々からの要望等が寄せられていました。訪問してお話を聞かせていただいても、本当に子どもたちに対する思いの強さに共感するばかりでしたが、政府自体がしっかりとした方向性を示せていない今、その行き先によって現状からどう変化するのか、どう変化させられるのか、情報がしっかりと届いていないことも感じさせていただきました。

その後には幼稚園へ訪問し、同じく一体化に関する思いを聞かせていただきました。ここでもやはり、子どもたちへの思いは強く、以前にも感じましたが、それぞれにそれら想いをより前に進める為にいろいろと努力されていることに本当に頭が下がります。

しかしながら、保育所と幼稚園との間には様々なこれまでの経緯や相容れることのできない部分などがあり、それらを考えた時にその影響をまともに受ける子どもたちや保護者への影響を考えると、それぞれの立場での難しさを感じました。

今日の訪問で、それぞれの立場・思いからなかなか寛容とは単純になり得ないこと、また情報の共有の難しさとそれゆえの大切さを知る機会となりました。今後は政府の動向も踏まえて、私として出来ることを進めていきたいと思います。
posted by kin at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連施設

2012年07月19日

「旧鳴門市農業センター」

今日は大津町備前島にある「旧鳴門市農業センター」を見に行ってきました。



これまでここに関することはほとんど知らなかったこと、そして今後の為に見ておく必要があるのかなと思いましたので担当課に教えていただき訪れました。



すぐそばに「鳴門市体操場」があることを知らず、この施設を視た時にはもう今は使用されていないなと勝手に思い込み、その後担当課に訪れ念のために確認してみると、なんと現在も使われているとのこと…。そう言えば指定管理者制度とされていたことを思い出し、なんとも恥ずかしいら、バツが悪いやら…でした。



一方、旧農業センターの方はと言えばほとんど廃墟と化して、いつからこの状態かは確認することを忘れていましたが、尚更取得時以前や使われなくなるまでにどういった活用がなされていたかなどについても知る由もなく、これらについては改めて確認してみたいと思います。

まあ、今回訪れてみて、土地面積(宅地)約14,000u、評価額約???円のこの土地の今後の活用に非常に興味を持ちましたので、それについてもこれからいろいろと調べていきたいと思います。
posted by kin at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連施設

2012年07月18日

救護施設「小鳴門荘」見学

今日の午前中に救護施設「小鳴門荘」を見学してきました。



この施設そのものの事は少しは私なりに知ってはいましたが、実際に訪れたことがなかったことや今回施設の利用に関する相談なども受けていましたので、良い機会と思い無理をお願いして見学させていただきました。

以前はシーガル病院の横にあったとのことでしたが、老朽化に伴い約4年前に新しく明神に建てられたこともあって、施設自体は私から見ても十分な設備などを備えているなと感じました。

現在入所者は58名とほぼ定員数に近い状態ですが、その方々を支えるスタッフの皆さんの充実ぶりにも驚かされました。非常に丁寧な管理運営のもと、入居者一人ひとりに対応したプランで日々ご苦労されていることも教えていただきました。

正直、こういった施設をもう少し増やせることができれば、今の経済的危機の状況に影響されている生活弱者の方々にとっても、少しは安心できるものとなるのではと思います。お忙しい中、私の急なお願いを受けてくださり、ありがとうございました。
posted by kin at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連施設

2012年06月19日

「台風4号」

今日の朝、台風4号の影響による「災害対策本部」が設置されました。



今回の「災害対策本部」は消防庁舎が新しく建築されたことを受け、その3階において初めて設置されたこともあり、その様子を見る為に訪れました。

訪れたのが夕方であったため、それまでの被害状況についてなどを聞くなどをしましたが、その時点では殆ど被害もなく昨年の台風時ほどに至らなかった事にまずは安心しました。

その後、鳴門市内数か所の状況を見て回りましたが、やはり昨年の台風時と比べてさほど被害というほどの箇所は見受けられず、数時間ほどで見回りを終えました。

桑島のニオ
藻塩橋周辺
大谷周辺
阿波神社周辺
阿波神社周辺3
阿波神社周辺2
桧周辺


今回の台風は徳島県には上陸することは有りませんでしたが、その後和歌山県に上陸し、6月に台風が上陸するのは8年ぶりだそうで、これから本格的な台風シーズンを迎えることを考えると、今後「災害対策本部」の役割がより重要になってくるなと感じました。
posted by kin at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳴門市関連施設
ブログランキング・にほんブログ村へ